ここから本文です

朝の「レモン白湯」が便秘とダイエットにいい理由とは

東京ウォーカー 7/26(火) 6:01配信

朝起きたときに白湯(さゆ)を飲む人が増えてきたが、それにレモンを加えた「レモン白湯」を飲んでいる人が急増中! モデルのミランダ・カーさんも実践したことで注目を集めた。どんな効果があるのか、医学博士の永田孝行先生に伺うと……。

【写真を見る】50~60℃のぬるま湯コップ1/2杯にレモン汁5滴か輪切りを1枚プラスするだけ。起床後から朝食を食べる前までに飲めばOK

【朝から体が活動的になって消費エネルギーもアップ!】

「起床後に白湯を飲むと、胃腸の働きがよくなるんです。さらに、蒸気でレモンの爽やかな香りが広がると気分がリラックスしてくるので、それらの相乗効果で便秘が改善されやすくなります。朝、目覚めたばかりの体は副交感神経が優位な状態。そして、次第に交感神経が優位な状態に切り替わっていくのですが、レモン白湯はその切り替えをスムーズにすることにも役立ちます。すると、体が燃焼モードに早く切り替わるので、一日のエネルギー消費量も増えやすくなるのです」

【レモン白湯のやせ効果】

●効果1 温め&リラックス効果で便通スムーズ/レモン白湯を飲むと、胃腸が温まって働きが活発になり、香りの力で気持ちがリラックス。つまり、便が出やすい状態になり、おなかの中を整えてくれるというわけ。

●効果2 交感神経が働き、体が燃焼モードに/起床後、副交感神経から交感神経への切り替えがスムーズに行なわれると、朝から体を動かしやすくなる。それによって自然と一日の活動量も増えるので、やせやすくなる。

【レモン白湯の作り方&飲み方】

1.ぬるめのお湯にレモン汁5滴/コップにぬるめのお湯(50~60℃)を1/2カップ注ぎ、レモン汁を5滴くらい(またはレモンの輪切り1枚)を加え、よく混ぜる。

2.起床から朝食までに飲む/起きてから朝食を食べる前までの間に、1を飲む。一気に飲む必要はないが、冷めてしまう前に飲み切るようにしよう。

手軽に作れてうれしい効果がいっぱい。冷たいものを飲み過ぎる傾向の夏に、朝だけの健康習慣として気軽に取り入れてみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/26(火) 6:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。