ここから本文です

りゅうちぇる、“LINE誤爆”告白 「ぺこりんに送ったつもりが…」

Smartザテレビジョン 7/26(火) 20:27配信

26日に放送された「Rの法則」(Eテレ)に、ブレーク中のモデル・ぺことりゅうちぇるがゲスト出演。りゅうちぇるが衝撃のSNS誤爆エピソードを明かし、スタジオを沸かせた。

【写真を見る】りゅうちぇるの独特な解決策にぺこも驚き!?

この日は「夏休みSNS事件簿」と題し、10代に聞いた“SNSで経験したトラブル”をランキング形式で紹介。1位は「アカウントミスによる誤爆」で、中高生に聞いた、相手を間違えてメッセージを送ってしまった恥ずかしいエピソードの数々が紹介された。

すると、りゅうちぇるも「最近めっちゃヤバいのがあって」と、コミュニケーションアプリ・LINEでの誤爆エピソードを披露。朝早くからりゅうちぇる単独での仕事があった日に、ぺこに宛てた『ぺこりん きょうも頑張ってくるね 大好きなプリンセス』とハートマーク入りの“ラブラブLINE”を、間違えて事務所スタッフに宛てて送ってしまったという。りゅうちぇるは「もうマジ焦って。本当に…遅刻した時の焦り? あれとまったく一緒で。『あ”~~~~!! どうしよどうしよ!』ってなって。『申し訳ありません!!!!!』って感じで」と、そのときの焦りそのままに顛末を興奮ぎみに語り、ぺこやMCの山口達也らを笑わせた。

相手を間違えてメッセージを送ってしまう“LINE誤爆”について、ソーシャルメディアコンサルタントの落合正和さんは「トーク画面の背景を相手の写真にすれば防止になる」とアドバイス。さらに、心理カウンセラーの塚越友子さんは「それでも間違えて送ってしまったときは、繰り返し失敗を振り返って『恥ずかしい、どうしよう』と考えてしまうとかえってつらい。そういうときは、身体を動かしたりハミガキしたりお風呂に入ったり、何か行動して考えるのを止めるのがいい」とした。これを聞いたりゅうちぇるは「たしかに遅刻したときって身体が勝手にハミガキに向かう」と、これまた個性爆発の対応策を明かし、山口らから「え~~~?」と驚かれていた。

最終更新:7/26(火) 20:27

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。