ここから本文です

体UVは「ボトル塗り」が効果的で節約にも

東京ウォーカー 7/26(火) 22:01配信

ボディに日焼け止めを塗るときは、ボトルから直接塗るのがおすすめ、とコスメコンシェルジュの小西さやかさん。

【写真を見る】くるくるとらせん状に伸ばし、全体になじませて

「日焼け止めをいったん手にとってからボディに塗ると、手の皮ふのほうにも日焼け止めを奪われてしまう分が損に。ボトルから直接出して塗るほうが、しっかりとつけることができ、量も節約できます。きちんと測量して発表された論文もあって、科学的にも証明されてるんですよ」。やり方はいたって簡単な2ステップ。

(1)日焼け止めのボトルを持って、ボディに当て、適量を肌に伸ばす。

(2)伸ばした日焼け止めを、親指以外の4本の指で、くるくるとらせん状に伸ばして、全体になじませる。

伸ばすときに指の「第1関節まで」で伸ばすのが節約的にはポイントだそう。ぜひマネしてみて!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/26(火) 22:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。