ここから本文です

妻夫木聡“親子になれた”感動シーンを明かす!

Smartザテレビジョン 7/26(火) 22:42配信

8月2日(火)夜7時30分から放送される夏休みドラマ「キッドナップ・ツアー」(NHK総合)の試写会が行われ、出演する妻夫木聡、豊嶋花が出席した。

【写真を見る】「キッドナップ・ツアー」は8月2日(火)夜7時30分から放送!

同作は角田光代の同名小説が原作で、離れて暮らす父と娘のひと夏の旅を描く。夏休み初日、小学5年生のハル(豊嶋)の前に別居中の父・タカシ(妻夫木)が現れ、ハルを“ユウカイ”すると告げる。

金のないタカシに連れられ貧乏旅行に付き合うハルだが、その中でタカシの知らなかった一面に触れる。妻夫木は親子を軸に描いた作品に主演するのは本作が初めて。

試写会後の会見に登壇した妻夫木は、印象的だったシーンを聞かれると「(駅の)ホームのシーン」と回答。二人の旅が終わるころ、別れを嫌がって心にもない言葉を吐いたハルに、普段はおちゃらけたタカシが、娘を思ってある言葉を投げ掛けるシーンだ。

妻夫木は「何度か撮ったのですが、正直自分でも泣いてしまいました。そのせりふを言った後、ハルと並んで立ったまま泣いているのを、監督がバックショットで撮ってくれて、映像で見た瞬間『本当に親子になれたな』と思いました」と振り返った。

“本当の親子”を感じたのは豊嶋も同じのようで「撮影が本当に楽しくて、来年の夏もタカシに誘拐に来てほしいです」とのラブコールに、妻夫木は目を細めていた。

木南晴夏、夏帆、新井浩文、ムロツヨシ、満島ひかり、八千草薫ら、共演陣も実力派が顔をそろえたが、共演者とのエピソードを聞かれた妻夫木は「満島さんが僕の元恋人役で出演されているのですが、きょうだい役が多かったので初めて“元恋人”という役で、こんなまなざしで見てくれるんだというのが印象的でした。僕はそのシーン寝ているので、撮影した映像でしか見られなかったのですが…」と語っていた。

最終更新:7/26(火) 22:42

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。