ここから本文です

細貝萌、独2部シュツットガルトに完全移籍。2人の恩師が待つクラブで再起図る

フットボールチャンネル 7/26(火) 1:51配信

 ドイツ・ブンデスリーガ2部のシュツットガルトは現地時間25日、ヘルタ・ベルリンから元日本代表MF細貝萌を2年間の完全移籍で獲得することで合意したことを発表した。背番号は「7」に決まった。

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

 昨季はトルコ1部のブルサスポルに期限付き移籍していた細貝だが、今季から所属元のヘルタに復帰。オフ期間はヘルタでトレーニングを重ねていたが、移籍は間近とされていた。

 細貝には1860ミュンヘン、ハノーファー、ダルムシュタット、古巣の浦和レッズなどのクラブが獲得に名乗りを挙げていたが、最終的にはシュツットガルトが争奪戦を制した。現地報道によれば、移籍金は100万ユーロ(約1億1600万円)程度とみられる。

 シュツットガルトは今季からヨス・ルフカイ氏が就任している。同監督はアウグスブルクとヘルタで細貝を指揮しており、高い評価を与えている。

 また、シュツットガルトは浦和をリーグ優勝に導いたギド・ブッフバルト氏が名誉顧問を務めており、細貝は当時の優勝メンバーのひとりでもある。

 クラブのオフィシャルサイトを通じ、「シュツットガルトは大きなポテンシャルのあるクラブ。クラブの目標を達成する手助けをしたい。新たなチームメイトとファンに会うのが楽しみです」と新天地での活躍を誓っている。

 昨季のブンデスリーガを17位で終えたことで降格となったシュツットガルトだが、細貝は2人の恩師が待つクラブで再起を図ることとなった。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 6:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)