ここから本文です

【7月26日~28日セ・パ第28節展望】巨人は首位・広島の勢いを止められるか

ベースボールチャンネル 7/26(火) 12:58配信

<セリーグ>

6位・阪神(6勝1分)- 4位・ヤクルト(6勝1分) 甲子園

 連敗を5で止めた阪神はひとつずつ取り返して上位を狙いたい。鳥谷のスタメン外しなど大きな決断をした金本監督がどんな策を講じてくるか楽しみだ。初戦の先発は岩貞と発表されている。前半戦の勢いは沈みつつあるが、ここからいかに踏ん張れるか。彼の成長にとっても非常に大事な登板になる。2戦目は前回、試合を作れなかった能見、3戦目は青柳の予定だ。打線は若い布陣で挑んでいくしかない。高山、北條、江越、原口ら、ワクワクするようなゲームを見せてほしい。将来のビジョンを描いた戦略も意識のなかにあってしかるべきだろう。北條をこのまま二塁手、三塁手で使いまわすのか、それとも遊撃手として育成するのか。高校時代は華やかなスタイルで好プレーを連発していただけに、その育成方針も見逃せない。

 ヤクルトは、前節に館山、由規が復活星を飾るなど3連勝。4位に浮上してチームの雰囲気はいい。初戦の先発は前回、復帰登板で勝利を挙げた石川が上がる。今季はまだ敵地で勝っていないが、通算150勝目を挙げられるか。3戦目に登板予定の小川も1カ月以上、勝利から遠ざかっているだけに、チームの流れに乗って復帰星を飾りたいはずだ。打線は、離脱者を出しながらも、粘っている。前節は大卒3年目の西浦が満塁本塁打など3試合6打点と猛アピールした。投手陣が試合を作ることができれば、戦力ダウンがあっても、しっかりと勝利を挙げられている。

2位・巨人(7勝)- 1位・広島(6勝) 岐阜、京セラドーム

 首位・広島を追う巨人は大事な3連戦を迎える。パがそうだったように、ここで巨人が3連勝を挙げるようだとリーグの趨勢を大きく変わる。リーグで唯一、広島に勝ち越しているチームだけに可能性はある。初戦の先発は、内海が上がる。前回対戦の12日の登板では3回もたずにKOされた。首位を奪還するためには、小林誠のリードも含め、同じ轍は踏みたくない。2戦目は田口、3戦目は中5日で菅野を投入する可能性もある。打線は、24日の試合で打線を大きく組み替えた。序盤の打線がつながっていたころのように、1番に長野を据えた。いつ戻しても良かった「1番・長野」だが、ついに勝負を懸けるということなのだろう。クリーンアップも坂本、阿部、村田で充実。懸案だった出塁という役割を長野が担うわけである。

 一方の広島は、先発3本柱が充実。しかし、戸田の離脱で、やや先発陣に不安要素を首脳陣が感じているようだ。その中で、初戦のジョンソンは安泰だろうが、その後を担う投手陣がポイントとなりそうだ。2戦目はルーキーの岡田か。3戦目は前週、大瀬良だったが福井などを含めて流動的な選択となる。いずれにせよ投手陣のパフォーマンスは非常に重要になるだろう。打線は、勢いを持続している。主軸の新井、ルナが好調で、前節は田中、菊池の1、2番が機能した。丸、鈴木誠もバットが振れており、交代選手の穴がない。さらには打てなくても走れるから、非常に抑えるのが難しい打線となっている。果たして、巨人の逆襲を返り討ちにできるか。


5位・中日(6勝1分)- 3位・DeNA(7勝1分) ナゴヤドーム

 前節、同一カード3連敗を喫した中日は、苦境を打破したい。先発は初戦に若松、2戦目大野と昨季、2ケタ勝利を挙げた二人で先に2勝を挙げられるか。若松は2連勝中に加え、前節の広島戦で8回零封と調子が上がり、楽しみな登板と言えるだろう。逆に大野は、前節、期待を裏切るピッチングだった。今回はよほどの闘志を燃やしていることだろう。打線は、サイクル安打の大島が前節も好調をキープした。平田、ビシエドら主軸がしっかり返すことで、得点を重ねたい。チームのムードが悪いときだけに、若松、大野で弾みをつけたいはずだ。

 前節2勝1敗のDeNAは、好調をキープしている。次節が首位広島との対戦になるだけに、勢いをつける節にしたい。初戦の先発は、久保康が上がる。中日戦は今季2戦目となるが、それほど苦手ではない。ゲームをしっかり作りたいところだ。2戦目は、ぺトリック、3戦目は熊原とやや不安はあるが、対戦歴が少ない特性を生かしていきたい。打線の方は、筒香を中心に、ロペス、倉本の主軸が元気だ。桑原、エリアンでしっかり好機をつくっていきたい。戸柱にやや疲れが見えるだけに、高城らを積極的に起用したい。広島戦を控え、相手投手は若松、大野と手ごわい。DeNAにとっては大事な節になる。

1/2ページ

最終更新:7/26(火) 12:58

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。