ここから本文です

『ポケモンGO』で本当に痩せるにはどのくらいプレイしないといけないか

ライフハッカー[日本版] 7/26(火) 20:10配信

『ポケモンGo』がリリースされ、何百万人の人をこれまで以上に運動させていることに疑いの余地はありませんが、果たして「ポケモンGo」をプレイするだけで体重は減り始めるものなのでしょうか?

実は『ポケモンGO』による減量を目に見える結果に繋げるには、相当な運動量が必要なことがわかりました。

こちらのPictureFitのYouTubeチャンネルによる動画(https://youtu.be/nS94FauQqfE)では、ピカチュウの影を追いかけることで実際にどのくらいのカロリーが消費されるかが解説されています。

『ポケモンGO』をプレイしながら歩くと、1マイル(約1.6Km)ごとに100カロリーほどを消費することになります。しかし、実際にゲームをプレイした人にもわかりやすいように、「卵」を使って考えてみましょう。

『ポケモンGO』ではポケストップで集めたポケモンの卵を孵化させるのですが、卵を孵化させるにはある程度の距離を歩く(走る)必要があるのです。2.0kmの卵を孵化させることで120カロリーを消費するので(かなり甘口の計算です)、つまり1ポンド減量するには2.0kmの卵を30個孵化させる必要があるのです。

また言うまでもなく、ポケモンを捕まえたり、ポケストップでアイテムを集めたりするために立ち止まらなければならないので、全体で見た移動スピードは遅くなります。そのため、長い目で見れば公園やオフィスの周りを普通にウォーキングする方が減量には効果的でしょう。

しかし、間違えてほしくないのですが、『ポケモンGO』はまったくウォーキングをしない人にとって、大きなモチベーションを与えてくれるという影響を持つのです。そしてどんな形であれウォーキングをするということは、運動をまったくしないよりはずっと良いことでしょう。

しかし、もしあなたが『ポケモンGO』を減量ツールと考えているのなら、ダイエットの方法としては少し頑張る必要があるかもしれません。

最終更新:7/26(火) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。