ここから本文です

「ポケモンGO」2千人ネット調査 認知率は9割超、プレイ率は4割

KAI-YOU.net 7/26(火) 21:25配信

モバイル専門マーケティングリサーチ機関・MMD研究所が、人気アプリゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)の利用実態調査の結果を発表した。

調査期間は7月25日(月)、26日(火)の2日間で、15歳から69歳の男女1,949人を対象にインターネット調査が行われた。

「ポケモンGO」認知率は9割を超える

15歳から69歳の男女1,949人に「ポケモンGO」を知っているか聞いたところ、認知率は92.6%と圧倒的数値を記録。

新聞やTVのニュース番組などさまざまなメディアで取り上げられたこともあり、幅広い世代から注目を集めていることがうかがえる。

そのうち、スマートフォン利用者1,453人に「ポケモンGO」をプレイしたことがあるか聞いたところ、「ダウンロードしてプレイしたことがある」が39.0%、「ダウンロードしたがプレイしていない」が3.7%、「ダウンロードしていない」が57.3%という結果に。

体感的には街中を歩けば誰かしら「ポケモンGO」をプレイしているという光景が当たり前となったようにも思えるが、アンケート結果でのプレイ率は約4割にとどまっている。

「バッテリーの消耗が激しい」「スマホを触る時間が増えた」

プレイユーザーの感想や実体験について複数回答で聞いたところ、最も多かった回答は「バッテリーの消耗が激しい」が67.9%、次いで「とても楽しい」が45.0%、「スマホを触る時間が増えた」が37.4%、「よく歩く」「歩きスマホをした」がともに34.0%。

歩きスマホが原因で起きる事故は以前から問題となっているが、「ポケモンGO」に関連した事故がニュースなどで連日取り上げられるようになった。

そもそも「ポケモンGO」は常に画面を見ていなくてもプレイ可能(ポケモンが近くに現れたらバイブレーションで知らせてくれる機能がある)なのだが、やはり熱中してしまう人々も多いのだろう。

一方、「家族や友人・知人とのコミュニケーションが増えた」「知らない人と話すきっかけになった」といった声や「普段行かない所を訪れた」という意見もあり、『ポケモンGO』には新たなコミュニケーションツールとしての活用や地域創生の可能性を秘めていることがうかがえる。

15歳から19歳のプレイヤーが最も多い

性別の「ポケモンGO」プレイ率は男性が42.1%、女性が36.1%と、男女ともに人気は高いようだ。また、年代別のプレイ率は15歳から19歳のプレイ率が最も高い51.2%で、年代が上がるにつれてプレイ率は徐々に下がっていることがわかる。

また、「ポケモンGO」に対応していないフィーチャーフォン、いわゆるガラケーのみを利用していると回答した人310人に、「ポケモンGO」リリースを機にスマートフォンにしたいと思うかと聞いたところ、10.3%がスマートフォンにしたいと回答した。

かまたあつし

最終更新:7/26(火) 21:25

KAI-YOU.net