ここから本文です

レスターが主力慰留に全力 週給1400万円のマフレズを筆頭に5選手に大幅な給与アップ提示へ

Football ZONE web 7/26(火) 14:20配信

移籍市場閉幕まで残り約1カ月 優勝メンバーの流出阻止に全力を注ぐ

 レスター・シティは昨季のプレミアリーグ優勝メンバーの慰留へ向け、大幅な給与アップを盛り込んだ契約見直しの必要性に迫られている。アーセナル移籍が噂されるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズら主力選手の流出を防ぐため、フットボールディレクターを務めるジョン・ラドキン強化部長が、クラブのオーナーあるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏ら首脳陣との話し合いを急いでいる。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 奇跡のプレミア初制覇から2カ月以上が経過した。優勝メンバーのうち、フランス代表MFエンゴロ・カンテはチェルシーに移籍したが、エースのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディや、主将のジャマイカ代表DFウェズ・モーガンはクラブと契約延長を果たすなど、戦力低下を最小限にとどめている。

 しかし、アーセナルやバルセロナなどからの関心が伝えられた昨季PFA年間最優秀選手のマフレズをはじめ、今夏の移籍市場でレスターの主力選手は一躍人気銘柄となっている。UEFAチャンピオンズリーグ初参戦を控え、新戦力の発掘にも積極的な姿勢を見せているが、同時に選手の慰留に全力を尽くすことになりそうだ。

 ラドキン強化部長はスリヴァッダナプラバ会長ら首脳陣と会談し、主力選手には大幅な給与アップを含めた契約延長オファーを提示して引き留めに動くよう迫っているという。選手によっては倍額以上のサラリーを提示することになるようだ。

シュマイケルらは倍額以上の報酬をゲットか

 新契約をオファーされると予想される5人のうち、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルとイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターは、それぞれ週給3万5000ポンド(約490万円)、3万ポンド(約420万円)という状況から一気に8万ポンドまで(約1100万円)までジャンプアップすると予想されている。両者のクラブとの契約は残り2年となっている。

 昨季17得点のマフレズには、ヴァーディと並ぶチームトップの週給10万ポンド(約1400万円)での引き留めに動くという。英メディアは移籍金4000万ポンド(約56億円)でのアーセナル移籍合意と報じられたが、クラウディオ・ラニエリ監督も“魔術師”マフレズの残留を主張。チームも最高級の待遇を用意しているという。

 シーズン途中から右サイドバックに定着したイングランド人DFダニー・シンプソンは、現在週給3万ポンド(約420万円)で契約は残り1年となり、サンダーランドからの興味を示している。左サイドなら中盤もDFもこなすスピードスターのDFジェフリー・シュラップも、週給4万ポンド(約560万円)の契約を3年残しているが、ウェスト・ブロムウィッチの補強リストに入っている。レスターはこの両サイドのキーマンにも、残留を打診する予定だという。

 夏の移籍市場はまだ1カ月以上続くが、今後は昨季の功労者たちの引き留めに時間を割くことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/26(火) 14:20

Football ZONE web