ここから本文です

リバプール、22歳の“ニュー・リバウド“獲得間近。現在は労働許可証の発行待ちか

フットボールチャンネル 7/26(火) 8:20配信

 リバプールが、ベンフィカに所属する22歳のブラジル代表MFアンデルソン・ソウザ・コンセイソン(愛称:タリスカ)の獲得に近づいているようだ。25日に英紙『エクスプレス』が報じている。

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

 同紙によると、移籍金2000万ポンド(約27億8000万円)でクラブ間合意に達し、現在は労働許可証の発行待ちとのこと。ただ、タリスカは条件を満たしていないため、特例の形で労働許可証の取得を目指しているようだ。

 タリスカは昨季公式戦34試合出場で9得点を記録し、ベンフィカのリーグ3連覇を経験。左足の精度が高く、レフティモンスターや左足の魔術師との愛称で知られるリバウド氏にちなんで、“ニュー・リバウド“と呼ばれている。また、190cmと長身で、高速ドリブルも得意とする選手だ。上海上港への移籍も噂されていたが、同クラブがフッキを獲得したことで交渉は破談に終わっている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 9:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。