ここから本文です

『栄光のランナー』、ジェシー・オーエンスがオリンピック出場棄権を迫られる本編映像公開

リアルサウンド 7/26(火) 14:10配信

 8月11日に公開される映画『栄光のランナー/1936ベルリン』より、本編映像が公開された。

 本作は、ベルリンオリンピックに出場した陸上選手ジェシー・オーエンスの伝記映画。根深い人種差別の残る第二次大戦前最後のオリンピック、1936年のベルリンオリンピックで、黒人であるオーエンスが偉大な記録を打ち立て、世界中に衝撃を与えるまでの激動の2年間を描き出す。『グローリー/明日への行進』のステファン・ジェイムスが主人公のオーエンス役を演じるほか、『モンスター上司』のジェイソン・サダイキス、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のジェレミー・アイアンズ、『ブラックブック』のカリス・ファン・ハウテン、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のウィリアム・ハートらが脇を固める。『ブレデター2』のスティーヴン・ ホプキンスがメガホンを取った。

 このたび公開されたのは、ベルリンオリンピック出場の資格を得た矢先、オーエンスにある重大な選択が迫られる本編映像。もうすぐ五輪選考会が行われるというタイミングで、突如オーエンス家を訪れた全米黒人地位向上協会の会長ハリー・E・デイヴィスは、「全米の黒人社会を代表して言うが、行かないでくれ」とオーエンスに相談を持ち掛ける。「君は最高の陸上選手だ。だから強力な抗議になる。同じ問題があればこそ参加すべきじゃない。我々とドイツで迫害される人々が結束するチャンスだ」というデイヴィスの言葉に、オーエンス一家が戸惑う様子が映し出される。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/26(火) 14:10

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。