ここから本文です

Buono!、きら☆レボから、こぶしファクトリーまで ハロプロ×アニソンを俯瞰する

リアルサウンド 7/26(火) 16:01配信

 7月27日発売のこぶしファクトリーのトリプルA面シングル『サンバ! こぶしジャネイロ / バッチ来い青春! / オラはにんきもの』のうち、3曲目の「オラはにんきもの」は、TVアニメ『クレヨンしんちゃん』主題歌のカバーだ。オリジナルは3代目OPテーマとして1993~95年にオンエアされていた1曲。そして今年2016年、同番組の放送局でもあるテレビ朝日の主催イベント『愛踊祭(あいどるまつり)』のエリア代表決定戦課題曲に選ばれた。『愛踊祭』とは全国のアイドルが国民的アニメソングをカバーして競うという趣旨のコンテストで、前回2015年は「魔法使いサリー」が課題曲となり、アンジュルムによるカバーシングルがリリースされた。

 「オラはにんきもの」と「魔法使いサリー」はカバーだが、その他にも過去のハロプロ楽曲にはアニメ主題歌のタイアップが付いたものが多数ある。この機会に、それらをすべて紹介していこうというのが本稿の目的だ。

 各楽曲は、そのタイプにより大きく3種類に分類することができる。すなわちA:1作品に主題歌が複数曲あるケース、B:1作品に主題歌が1曲のケース、C:カバー。Aは8個、BとCはそれぞれ1個ずつの計10個の枠組で以下を見ていこう。

<A-1:『魔術士オーフェン』シリーズ(4曲)>

●TVアニメ『魔術士オーフェン』(1998年)

・ラストキッス/タンポポ[ED1]

●TVアニメ『魔術士オーフェンRevenge』(1999年)

・丸い太陽 -winter ver.-/太陽とシスコムーン[OP2]
・Love, Yes I Do!/三佳千夏[ED1]
・甘いあなたの味/メロン記念日[ED2]

 ライトノベルが原作の冒険ファンタジーもの『魔術士オーフェン』は、劇中音楽をシャ乱Qのはたけが担当、OPテーマは前期・後期続けてシャ乱Q「愛 Just on my Love」「君は魔術士?」だった。その流れなのか、EDテーマにはハロプロのグループが割り振られた。1998年11月18日発売のタンポポ「ラストキッス」が、ハロプロ楽曲において初めてのアニメソングということになる。

 アニメ第2期『魔術士オーフェンRevenge』のOP1は、つんく♂プロデュースのロックバンド・7HOUSEが担当と、やはりアップフロント関連。タンポポとメロン記念日にとっては、このEDテーマが1stシングルだった。

<A-2:『とっとこハム太郎』シリーズ(5曲)>

●劇場用アニメ『劇場版とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険』(2001年)

・ミニハムずの愛の唄/ミニハムず[主題歌]※TVアニメ『とっとこハム太郎』ED3としても使用

●劇場用アニメ『劇場版とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセス』(2002年)

・ミニハムずの結婚ソング/ミニハムず[主題歌]

●劇場用アニメ『劇場版とっとこハム太郎 ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!』(2003年)

・ミラクルルン! グランプリン/ミニハムず[主題歌]

・ピ~ヒャラ小唄/プリンちゃん[挿入歌]

●劇場用アニメ『劇場版とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ!ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔』(2004年)

・天才 LET'S GO! あややム/あややム with エコハムず[主題歌]

 ハムスターのハム太郎が可愛らしいキッズアニメ、その劇場版全4作いずれも、ハロプロとの大々的なタイアップが展開された。ミニモニ。がハムスター化した「ミニハムず」というキャラクター名義で主題歌を担当、および劇中にも登場し、2001~04年12月の冬休みアニメ映画として毎年恒例となった。「プリンちゃん」は安倍なつみ、「あややム」は松浦亜弥、「エコハムず」はモーニング娘。の石川梨華&道重さゆみによるユニット「エコモニ。」のそれぞれハムスター化。

<A-3:『プリキュア』シリーズ(3曲)>

●劇場用アニメ『ふたりはプリキュア Max Heart2 雪空のともだち』(2005年)

・ギャグ100回分愛してください/Berryz工房[ED]

●劇場用アニメ『プリキュアオールスターズ NewStage2 こころのともだち』(2013年)

・アジアン セレブレイション/Berryz工房[応援歌]

●劇場用アニメ『映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』(2015年)

・イマココカラ/モーニング娘。'15[ED]

 2004年の『ふたりはプリキュア』以来、現在も続く女児向け戦闘少女アニメシリーズ。その映画第2作『~Max Heart2 雪空のともだち』では当時デビュー2年目のBerryz工房とコラボ。主題歌を歌い、メンバーの清水佐紀および矢口真里はゲスト声優出演も果たした。

 それから8年後、レギュラー映画ラインとは別の、各プリキュア作品がクロスオーバーする「オールスターズ映画」ラインでの第5作『~NewStage2 こころのともだち』にて、再びBerryzとプリキュアの顔合わせが実現。

 プリキュアオールスターズ映画ラインの第7作『~春のカーニバル♪』ではモーニング娘。'15とコラボ。楽曲「イマココカラ」は、歴代のプリキュア役の声優が歌うプリキュアオールスターズバージョン(劇中歌)と、娘。'15バージョン(EDテーマ)の2つの競作という形となった。

<A-4:TVアニメ『きらりん☆レボリューション』(2006~09年/19曲)>

●OP

・恋☆カナ/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[OP1]
・バラライカ/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[OP2]
・ハッピー☆彡/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[OP3]
・はなをぷーん/きら☆ぴか[OP4/ED6]
・チャンス!/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[OP5]
・アナタボシ/MilkyWay[OP6]
・タンタンターン!/MilkyWay[OP7]

●ED

・SUGAO-flavor/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED1]
・大きな愛でもてなして/℃-ute[ED2]
・水色メロディ/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED3]
・Loveだよ☆ダーリン/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED4]
・恋の魔法はハビビのビ!/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED5]
・ふたりはNS/きら☆ぴか[ED7]
・ラムタラ/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED8]
・Olala/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED9]
・サンサンGOGO/MilkyWay[ED10]
・パパンケーキ/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED11]
・ガムシャララ/MilkyWay[ED12]
・はぴ☆はぴ サンデー!/月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)[ED13]

 小学館の少女マンガ誌『ちゃお』連載作のアニメ化。いわゆるアイドルアニメもので、主人公月島きらりを現役アイドルである久住小春が声優として演じ、主題歌も歌っていくというメディアミックス。

 3年間の放送期間中は、久住の他にもハロプロメンバーが何人か主題歌および劇中に参加している。℃-uteのインディーズ3rdシングル「大きな愛でもてなして」は期間限定的にEDテーマにスポット採用。その℃-uteメンバーの萩原舞は、新キャラクター観月ひかるを演じ、きらりとひかるのユニット・きら☆ぴかとして主題歌を2曲担当。当時ハロプロエッグだった北原沙弥香、吉川友はそれぞれ雪野のえる、花咲こべにを演じ、きらりとの3人ユニット・MilkyWayとして主題歌4曲を歌った。月島きらりとしてソロで歌った主題歌は計12曲。

 これら主題歌の他にも、シングルc/wやアルバム曲として制作されたオリジナル曲も多数あり、いずれも月島きらり=久住小春の特徴ある声質を活かしたコミカルかつキュートな楽曲が揃っている。また、全曲つんく♂以外の作家が楽曲制作しているのも特徴。

<A-5:『しゅごキャラ!』シリーズ(20曲)>

●TVアニメ『しゅごキャラ!』(2007~08年)

・こころのたまご/Buono![OP1]
・みんなだいすき/Buono![OP2]
・ホントのじぶん/Buono![ED1]
・恋愛ライダー/Buono![ED2]
・Kiss! Kiss! Kiss!/Buono![ED3]
・ガチンコでいこう!/Buono![ED4]

●TVアニメ『しゅごキャラ!! どきっ』(2008~09年)

・みんなのたまご/しゅごキャラエッグ![OP1]
・しゅごしゅご!/しゅごキャラエッグ![OP2]
・おまかせ♪ガーディアン/ガーディアンズ4[OP3]
・School Days/ガーディアンズ4[OP4]
・ロッタラロッタラ/Buono![ED1]
・co・no・mi・chi/Buono![ED2]
・MY BOY/Buono![ED3]
・Take It Easy!/Buono![ED4]

●TVアニメ『しゅごキャラ!パーティー!』(2009~10年)

・PARTY TIME/ガーディアンズ4[OP1]
・Going On!/ガーディアンズ4[OP2]
・Bravo☆Bravo/Buono![ED1]
・Our Songs/Buono![ED2]
・わたしのたまご/しゅごキャラエッグ![番組内アニメ『しゅごキャラ!!! どっきどき』OP1]
・ありがとう ~大きくカンシャ!~/しゅごキャラエッグ![番組内アニメ『しゅごキャラ!!! どっきどき』OP2]

 講談社の少女マンガ誌『なかよし』連載作のアニメ化で、変身ヒロインもの。この番組の主題歌を歌っていくために結成されたユニットがBuono!で、Berryz工房から嗣永桃子と夏焼雅、℃-uteから鈴木愛理が選抜された。ロックサウンド主体で、楽曲もつんく♂以外の作家陣が作っていたのが特徴(2009~10年シングルの作曲のみつんく♂)。

 他にも主題歌ユニットが2つ結成された。ガーディアンズ4は、モーニング娘。から光井愛佳、Berryz工房から熊井友理奈と菅谷梨沙子、℃-uteから中島早貴の4人が選抜。しゅごキャラエッグ!は、ハロプロエッグ(ハロプロ研修生の前名称)のメンバーで構成されており、第1期は前田憂佳、佐保明梨、福田花音、和田彩花の4人(佐保以外の3人は後にスマイレージとしてメジャーデビューすることになる)。第2期は佐保と、譜久村聖、前田彩里、田辺奈菜美の4人。2016年現在、佐保はアップアップガールズ(仮)のメンバー、譜久村はモーニング娘。'16のリーダーとしておなじみ。

<A-6:TVアニメ『ロビーとケロビー』(2007~08年/4曲)>

・ここにいるぜぇ!/アテナ (唄:辻希美)[OP1]
・めぐる恋の季節/℃-ute[OP2]
・勝利のBIG WAVE!!!/アテナ&ロビケロッツ[OP3]
・青春! LOVEランチ/アテナ&ロビケロッツ[OP4]

 イラストレーター黒崎玄による児童向け作品のTVアニメ化。劇中キャラ「アテナ」の声優を辻希美が担当し、主題歌も歌唱。しかし番組開始後に辻が結婚・出産のため芸能活動を休止したことにより、当時モーニング娘。サブリーダーだった新垣里沙がアテナ役を受け継いだ。

 主題歌も、当初は辻が歌う「ここにいるぜぇ!」(モーニング娘。の2002年シングルのカバー)、℃-uteのメジャー2ndシングル「めぐる恋の季節」と続いたが、OP3からは新垣、同じモーニング娘。メンバーの光井愛佳、℃-uteから中島早貴と岡井千聖が選抜された4人ユニットのアテナ&ロビケロッツが担当し、オリジナルシングルが2枚リリースされた。このシングルは非つんく♂作品。

<A-7:TVアニメ『イナズマイレブン』(2008~11年/5曲)>

・青春バスガイド/Berryz工房[ED2]
・流星ボーイ/Berryz工房[ED3]
・雄叫びボーイ WAO!/Berryz工房[ED4]
・本気ボンバー!!/Berryz工房[ED5]
・シャイニング パワー/Berryz工房[ED6]

 『妖怪ウォッチ』『ダンボール戦機』などと同じく、レベルファイブ制作によるゲーム/アニメのメディアミックスタイトルとして2008年にスタートしたのが『イナズマイレブン』シリーズ。サッカーをモチーフとした収集・育成RPGとしてニンテンドーDSでリリース、次いでTVアニメ版が放送開始した。

 OPテーマはアップフロント所属のロックバンド・T-Pistonz+KMCが一貫して担当。EDテーマは、1曲目のみアップフロントがこのために結成した3人組アイドルグループ・twe'lvが歌う「青春おでん」という楽曲だったが、2009年のED2からはBerryz工房が引き継ぎ、計5曲がタイアップシングルとなった。

 なお、本稿はあくまでアニメソングのみ対象なので省略したが、上記楽曲中「流星ボーイ」「本気ボンバー!!」はゲーム版の主題歌でもある。また、ニンテンドーDS『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ジ・オーガ』EDテーマとして「マジカルフューチャー!」という楽曲が制作され、Berryzのアルバムに収録された。

<A-8:TVアニメ『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』(2010~11年/5曲)>

・リトルぷりんせす☆ぷりっ!/リルぷりっ[OP1]
・アイドルール/リルぷりっ[OP2]
・オトナになるって難しい!!!/スマイレージ[ED1]
・ヴィラヴィラヴィロー!/リルぷりっ[ED2]
・ハッピーゴーラッキー☆ぷりっ!/リルぷりっ[挿入歌]

 トレーディングカードゲーム方式の女児向けアーケードゲームとして大ヒットした『オシャレ魔女ラブandベリー』。その後継ゲーム『リルぷりっ ゆびぷるひめチェン!』をアニメ化したのが本作。劇中の主役である3人組アイドルグループ・リトルプリンセス(通称:リルぷりっ)の声優を、当時メジャーデビュー直前だったスマイレージから和田彩花、前田憂佳、福田花音の3人が担当。主題歌も歌った。

 ED1の「オトナになるって難しい!!!」のみスマイレージのインディーズ4thシングルだが、その他はリルぷりっのオリジナル曲で、つんく♂以外の作家によるもの。挿入歌「ハッピーゴーラッキー☆ぷりっ!」はシングル「リトルぷりんせす☆ぷりっ!」のc/wとして音盤化されたが、他に音盤化されていない挿入歌として「プロスペクト☆ぷりっ!」「∞ワンダーガール☆ぷりっ!」の2曲がある。

<B-1:各種アニメ(8曲)>

●>TVアニメ『キョロちゃん』(1999~2001年)

・ハレーション サマー/ココナッツ娘[OP1]

●TVアニメ『クレヨンしんちゃん』(1992年~)

・全体的に大好きです。/シェキドル[ED12]

●TVアニメ『ドラえもん』(1979~2005年)

・あぁ いいな!/W[ED10]

●TVアニメ『パタリロ西遊記!』(2005年)

・紫陽花アイ愛物語/美勇伝[OP]
・なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?/Berryz工房[ED]

●TVアニメ『銀河鉄道物語 ~永遠への分岐点~』(2006~07年)

・ALL OF US/後藤真希[ED]※OVA『銀河鉄道物語 ~忘れられた時の惑星~』EDとしても使用

●TVアニメ『怪盗レーニャ』(2010年)

・盗んだハートはココですよ?/小倉唯 with ぷるぷるいゃ~ん[OP]

●TVアニメ『極上!!めちゃモテ委員長』(2009~11年)

・エレガントガール/氷室衣舞 (CV 菅谷梨沙子 / Berryz工房)[ED8]

 1作品に主題歌が1曲(または2曲)というケースは、全部で8曲あった。各作の詳細は省くが、ひとつだけ特筆しておくと、『クレヨンしんちゃん』でシェキドルがEDテーマを歌っていたのは2001年6月~2002年9月で、こぶしファクトリーよりも前にハロプロとクレしんの縁はあったということになる。

<C-1:カバー(3曲)>

・CAT'S EYE/キャッツアイ セブン
・魔法使いサリー/アンジュルム
・オラはにんきもの/こぶしファクトリー

 既存アニソン曲のカバーというケースは3曲。1983~85年放送のTVアニメ『CAT'S EYE』は杏里が歌う同名主題歌もヒットしたが、2012年にBerryz工房および℃-uteからの選抜メンバー7人の主演で舞台化された際に主題歌もカバーした。

 そして冒頭でも紹介したとおり、『愛踊祭』の2015年課題曲が「魔法使いサリー」、2016年が「オラはにんきもの」で、それぞれアンジュルム、こぶしファクトリーのカバーシングルがリリースされた。



 以上、合計すると76曲が、ハロプロ関連のアニメソングである(主題歌のみ。アルバム曲なども含めるとさらに増える)。楽曲の傾向を見ていくと、既存歌手名義として既存シングルをタイアップに使用したもの(つまり楽曲の歌詞世界とアニメ作品世界のリンクが薄い/または無い)、既存歌手名義としてタイアップ前提で楽曲制作されたと思しきもの(リンクが多少認められる)、歌手名義もアニメ作品世界に寄せた上で制作されたもの(リンクが一致)、という3パターンに大きく分類することが可能だ。

 「リンクが一致」パターンに分類できるタイトル中、『とっとこハム太郎(劇場版)』のみつんく♂制作、『きらりん☆レボリューション』『しゅごキャラ!』『ロビーとケロビー』『リルぷりっ』の4タイトルは非つんく♂制作という色分けが可能なのが興味深い(「B-1:各種アニメ」の中で取り上げた『極上!!めちゃモテ委員長』は、つんく♂がガッツリと主題歌制作に関わっているTVアニメシリーズなのだが、こちらはキャナァーリ倶楽部やTHE ポッシボーなどのNICE GIRL プロジェクト!案件であり、ハロプロとは別枠なので、Berryz工房から菅谷梨沙子がゲスト的に参加した「エレガントガール」1曲のみの抽出とした)。

 上記の「リンクが薄い~リンクが一致」という振り幅は、言ってみれば「ハロプロ楽曲(アイドルソング)~純アニメソング」という振り幅でもある。アニソンとしての存在感が増せばハロプロ楽曲としての存在感は薄れ、その逆もまた然り、といったところであり、またアニメ番組の放送終了以降は、ユニットの存在感も薄れていく。だが、ここで例外的な突き抜けた勢いを見せるのがBuono!である。Berryz工房と℃-uteのエース級メンバー3人が集まっているという豪華さ、楽曲の質の高さ、これらが功を奏し、Buono!は毎年ライブツアーをコンスタントに行うなど、企画ユニットに留まらない活躍を見せた。2010年の『しゅごキャラ!』シリーズ放送終了後も活動は続き、アニソンタイアップではないシングル3タイトル、中でも「初恋サイダー」はインディーズアイドルのカバー曲の定番として人気が高い。ハロプロ×アニソンという枠組で考えたとき、充実した成果を見せた二大巨塔の一つがBuono!だと個人的には捉えている(もう一つはきら☆レボ)。

 そんなBuono!も2013年以降は目立った活動が無かったが、今年8月25日、日本武道館にて「Buono! Festa 2016」の開催が決まっている。メンバーの鈴木愛理が所属する℃-ute、嗣永桃子が所属するカントリー・ガールズ、夏焼雅が新たに始動させる新グループ、そしてBuono!の4組が出演するライブイベントである。このライブに合わせて新曲が用意されているという噂もあり、2016年下半期のハロプロ界隈を彩る大きなムーブメントの一つなのは間違いないところだ。

ピロスエ

最終更新:7/26(火) 16:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。