ここから本文です

清武弘嗣、ドイツキャンプ合流で練習再開。レアル戦でデビューなるか?

フットボールチャンネル 7/26(火) 11:09配信

 この夏にハノーファーからセビージャへ移籍した日本代表MF清武弘嗣が、チームがトレーニングキャンプを行っているドイツに合流した。『ディアリオ・デ・セビージャ』『アス』など複数の地元メディアが報じている。

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

 清武は今月12日のトレーニングでハムストリングを負傷し、最大で全治4週間と診断されている。その後は日本に帰国してリハビリを続けていたが、ドイツのシェーンボルンでキャンプを行うチームに合流し、トレーニングを再開したという。クラブドクターのホセ・コンデ氏も「順調に回復している」と、清武の回復に努めている。

 チームはドイツ2部のSVザントハウゼンと練習試合を行い、2-1で勝利。清武はこの試合を欠場したが、マティアス・クラネビッテルやフランコ・バスケスら新戦力もプレーしている。

 セビージャは8月9日にレアル・マドリーとUEFAスーパーカップで対戦する。本来ならばこの試合が清武のデビュー戦になるはずだったが、今回の負傷によって欠場の可能性が高まっている。しかし、順調に回復すればマドリー戦にも間に合う可能性もあると現地のメディアは伝えている。

 マドリー戦のあとは、ホーム&アウェイ形式のスーペル・コパ・デ・エスパーニャでバルセロナと対戦する予定となっており、リーグ開幕前にビッグクラブとの3連戦が待ち受けている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 12:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。