ここから本文です

バルサ、A・ゴメス獲得の舞台裏。バレンシアを救う移籍か。見逃せない敏腕代理人の存在

フットボールチャンネル 7/26(火) 11:30配信

 バルセロナがレアル・マドリーとの競争を制して獲得したポルトガル代表、アンドレ・ゴメス。EURO2016で母国の優勝に貢献したMFは、なぜカタルーニャのクラブへ行くことになったのか。そこには選手の意思はもちろん、所属元だったバレンシアの置かれた状況、またエージェントの存在が介在しているように思える。(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

レアルとの獲得レースを制したバルサ

 今月22日の24時、木曜日から金曜日へと日付が変わろうとする時間に、そのニュースは流れた。バレンシアのポルトガル人選手、アンドレ・ゴメスがFCバルセロナへ移籍!

 このニュースは、今年の夏の移籍市場において、サプライズを持って迎えられることになった。なぜならアンドレ・ゴメスの名前は、レアル・マドリーの新シーズンの補強の目玉として長らく報道されてきたからだ。

 アンドレ・ゴメスは、先日のユーロで優勝を果たしたポルトガルの攻撃を支えてきた選手の一人だ。クリスティアーノ・ロナウドという光輝く選手のもとでは、誰もが影になるとはいえ、そのロナウドをより輝かせ、それも22才―――今月の30日に23才になる―――という若さで、豊富な経験を積んでいる。

 ポルトガルのエリートコース、ベンフィカのユースで育ち、18歳でベンフィカのトップチームでデビュー。2年前からはバレンシアでプレーし(1年目はローン)、既にスペインのスタイルにも馴染んでいる。更に、これからも伸びしろが望める選手とあれば、ビッグクラブの食指が動かないわけがない。ロナウドとのポルトガル攻撃ラインをレアルマドリードが夢見たのは、当然の結果と言えるだろう。

 実際、FCバルセロナが提示した移籍金3500万ユーロ(推定:約41億円)に対し、レアル・マドリーは5000万ユーロ(推定:約58億円)を提示していた。それでもアンドレ・ゴメスが、ポルトガル代表の同僚、ロナウドと敵対することになるバルサを選んだのはなぜなのか。

1/2ページ

最終更新:7/26(火) 11:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ