ここから本文です

『キング・オブ・エジプト』ブレントン・スウェイツ&コートニー・イートン、初来日が決定

リアルサウンド 7/26(火) 17:22配信

 9月9日に日本公開を迎える『キング・オブ・エジプト』より、主演ベック役のブレントン・スウェイツとヒロイン・ザヤ役のコートニー・イートンの来日が決定した。

 本作は、神と人間が共存する古代エジプトが舞台のアクション・アドベンチャー。残虐な暴君と化した砂漠の神・セトの支配によって国民が苦しめられる中、エジプトの運命を託された盗賊のベックが、天空の神・ホルスらとともに壮大な冒険を繰り広げる模様を描く。メガホンを取ったのは、『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督。

 このたび来日が決定したのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作に、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの相棒役として登場するブレントン・スウェイツと、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で囚われの花嫁の1人フラジール役を演じたコートニー・イートン。ともに初来日となる2人は、8月下旬に来日予定で、ジャパンプレミアイベントにも登壇する予定だ。

 ブレントンは今回の来日について、「とても大がかりな撮影で5~6か月かかって撮影しました。その前にも2か月くらい肉体のトレーニングを積みました。そんな映画がやっと出来上がりました! このたびやっと日本でお披露目できて、さらにはその場に立ち会えるなんてとても嬉しいです!」とコメントが寄せられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/26(火) 17:22

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。