ここから本文です

テベス、自身の獲得を望むクラブを実名暴露。欧州復帰は否定「ボカで引退を」

フットボールチャンネル 7/26(火) 12:50配信

 ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、自身の獲得を望んでいたクラブの名前を明かした。

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

 テベスは、伊紙『コリエレ・デッロ・スポルト』に対して「チェルシーとナポリが欲しがっていたことは本当だよ」と答え、2クラブが獲得を望んでいたことを明かした。

 しかし、「僕の願いは引退するまでボカに留まることだ。例えチェルシーとナポリが僕のもとへやってきても、ボカに残留するつもりだ」と、欧州リーグに復帰する意思がないことを強調した。

 ボカ・ジュニアーズの下部組織出身のテベスは、その後コリンチャンス、ウェストハム、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティを経てユベントスに移籍。昨年7月にプロキャリアをスタートさせたボカへと復帰している。

 この夏には古巣ウェストハムのデイビッド・サリバン会長がテベスの獲得に動いていたことを公にしていたが、金銭面で折り合いがつかずに断念している。

 チェルシーはマルセイユからベルギー代表FWミッチー・バチュアイを獲得したのの、アントニオ・コンテ監督はFW陣の層を厚くしたいと考えている。

 また、ナポリはアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインのユベントス移籍が目前に迫っており、こちらもFWの補強が課題となっている。

 いまだ多くのクラブがテベスの獲得を望んでいると報じられているが、本人がボカに残留する意思は固いようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 13:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。