ここから本文です

FC東京、篠田コーチの監督就任を発表。城福政権崩壊で内部人事を大幅テコ入れ

フットボールチャンネル 7/26(火) 15:50配信

 FC東京は26日、トップチームコーチを務めていた篠田善之氏が昇格し、監督に就任したことをオフィシャルサイトで発表した。

【写真】お笑い芸人・平畠啓史さんが選ぶ、J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

 現役時代は前身の福岡ブルックス時代からアビスパ福岡でプレーし、引退後も福岡で各世代のコーチを歴任。2008年途中から3年間に渡って福岡のトップチームで監督を務め、2012年からFC東京のトップチームコーチに就任した。

 今季は城福浩氏が2度目となる監督に就任したFC東京だが、成績不振によって解任を決断。後任人事に注目が集まっていた。

 篠田新監督はオフィシャルサイトを通じて、「選手がピッチで躍動し、FC東京のファン・サポーターのみなさんの心に伝わるようなプレーができるように、チーム一丸となって頑張ります。みなさんのサポートをよろしくお願いします」と意気込みを述べた。

 また、J3に所属するFC東京U-23の監督とトップチームコーチを兼任していた安間貴義氏がトップチームコーチに専任となり、U-18チームのコーチを務めていた中村忠氏がトップチームコーチ兼FC東京U-23監督に就任した。

 2ndステージ第5節終了時点で、FC東京は年間総合13位と大きく低迷。城福政権は半年で崩壊となったが、内部人事を大幅にテコ入れして巻き返しを図ることとなった。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 19:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ