ここから本文です

J1鳥栖、2人の韓国人MFが期限付き移籍。モロッコ人FW到来で外国人選手を入れ替え

フットボールチャンネル 7/26(火) 16:19配信

 J1のサガン鳥栖は、ペク・ソンドンとチェ・ソングンの2人の韓国人MFがそれぞれ期限付き移籍することを発表した。

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

 ペク・ソンドンはV・ファーレン長崎、チェ・ソングンはFC岐阜への期限付き移籍となり、期間はともに今年12月末までとなる。

 24歳のペク・ソンドンは2015年に当時J2だったジュビロ磐田から加入。鳥栖ではJ1通算36試合に出場して2得点を記録している。また、2014年にヴァンフォーレ甲府から加入したチェ・ソングンは鳥栖でJ1通算31試合に出場している。

 鳥栖は先日、モロッコ人FWムスタファ・エル・カビルの獲得で合意に至っている。しかし、チームにはキム・ミヌとキム・ミンヒョクも合わせて4人の韓国人選手が所属していたため、エル・カビルを登録するためには入れ替えが必要となっていた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 16:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ