ここから本文です

日本、初戦の相手ナイジェリアは謎だらけ!? FIFAリストの年齢・身長に誤記載が多数

フットボールチャンネル 7/26(火) 19:58配信

 FIFAは25日、リオ五輪に臨む各16チームの全メンバーリストを公表したが、日本がグループステージ初戦で対戦するナイジェリア代表のメンバーに不可解な点がある。

【写真】有名選手の美人パートナーも登場! 欧州美女サポーター特集

 リストを見ると、オーバーエイジはチェルシーでもプレーする1987年生まれのMFジョン・オビ・ミケル、1986年生まれのGKダニエル・アクペイ、1980年生まれのMFモハメド・ウスマンであることがわかる。

 しかし、モハメド・ウスマンは1980年生まれではなく、1994年生まれで22歳の選手であり、オーバーエイジには該当しない選手である。

 実際に、オーバーエイジが参加しないU-23ナイジェリア代表メンバーにも何度も名を連ねている。リオ五輪予選を兼ねたU-23アフリカ選手権にも出場しており、アフリカサッカー連盟の公式サイトにも1994年3月2日生まれと記載されている。

 また、FIFAリストにはミケルの身長は173cmと登録されているが、チェルシーの公式サイトには188cmと記載されている。DFトルースト・エコングも、所属クラブのハウゲスンの公式サイトを見ると175cmではなく191cmという巨漢の持ち主である。それ以外にも、何人かの選手が実際の身長よりも低くリストに記載されている。

 これらの誤記載がナイジェリアサッカー協会またはFIFA側による記載ミスなのか、あるいは意図的なものがあったのかは定かではないが、多くの選手が実際のプロフィールとは異なる経歴で登録されている。

 なお、「Coach」の欄は各国とも監督の名前が記されているが、日本は手倉森誠監督ではなく秋葉忠宏コーチの名前が記載されている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 20:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革