ここから本文です

アーバンギャルド、写真家青山裕企とコラボした少女写真詩集『スクールガール・トラウマ』刊行

リアルサウンド 7/26(火) 22:10配信

 アーバンギャルドが、写真家青山裕企とコラボレーションした新感覚・少女写真詩集『スクールガール・トラウマ』を8月19日に刊行する。

 青山裕企は、『スクールガール・コンプレックス』シリーズで少女写真の新たな表現を確立させた写真家。アーバンギャルド松永天馬(Vo.)が書き下ろした詩と、アーバンギャルドのアイコンの一つでもあるセーラー服姿の浜崎容子(同Vo.)を青山裕企が撮影した写真により、思春期のトラウマ、葛藤、悩みを切り取った「少女」写真詩集に仕上がっている。2013年に行われたイベント『すこしふしぎフェス』にて写真と詩が一部紹介されていたが、今回、約3年越しに書籍化された。

 同書は、8月5日東京・代官山UNITにて開催する藤井隆とアーバンギャルドの2マンイベント『ご安心ください vol.1』より特別先行発売を実施。アーバンギャルドのサイトでは予約を開始しており、8月12日より先行販売をスタートする。なお、オフィシャルサイト販売分には、アーバンギャルドによる朗読CDが特典として付属する。また、同作の発売記念イベントも予定しており、最新情報・詳細は出版レーベル「3時0時」Twitterにて発表予定とのこと。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/26(火) 22:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。