ここから本文です

「移籍するならレアルだけ」。ドルトムントの絶対的エースが“唯一のクラブ”を告白

フットボールチャンネル 7/26(火) 21:10配信

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリック・オーバメヤンが、自身が仮に移籍するとしたら選ぶクラブはひとつしかないと語っている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 昨季のリーグ戦では25得点を記録したオーバメヤンには多くのビッグクラブへの噂が囁かれており、今年もマンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどが興味を示していると報じられている。

 しかし、もし移籍するとすれば、行き先はレアル・マドリーだけであると独TV局『ZDF』で明かしている。

「僕がドルトムントから離れて向かう唯一のクラブはレアル・マドリーだけだ。だけど、今はその時じゃない」

 過去にもオーバメヤンは「子供の頃からの夢はマドリーでプレーすること」「スペインでプレーしたい」と発言しており、度々マドリーへの移籍希望を口にしている。

 しかし、つい先日には「アトレティコ・マドリーでプレーするのが僕の夢」とも語っており、アフリカ最優秀選手賞に輝いた際には「アーセナルには行きたくない」と発言するなど去就を匂わせている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/26(火) 21:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。