ここから本文です

「自分」をグーグル検索、ダメな結果をどうする? キャリアに有効にする方法

Forbes JAPAN 7/26(火) 8:00配信

あなたの第一印象はますます、インターネット上で決められるようになってきている。グーグルの検索結果に表示される「あなた」に関する情報が、あなたがどのような人であり、ネット上でどれほどの注目を集めている人物かを描き出すのだ。



そして、(少なくともあなたが自分自身の「ターゲット・オーディエンス」とみている人たちからの)「注目度」は、あなたのパーソナルブランディングにおいて非常に重要なものだ。さらに、検索結果はあなたについて何らかの判断をしたい人たちにとっての重要なデータ点にもなる。

つまり、あなたはさらなる成功のために、グーグルの検索結果に示される自分自身を知り、積極的に自分の「デジタルブランド」を管理していく必要があるということだ。

氏名を検索すると──?

今すぐ自分の氏名を検索して、表示される内容があなたの目からみて正しいと思えるものかどうかを確認してみよう。検索結果は以下のいずれかに該当するだろうか。

1. 存在しない
2. 死亡記事欄に掲載されている
3. ヒット件数は多いが、同姓同名の別人の情報ばかり
4. 現在の仕事とは無関係の、過去の仕事に関する素晴らしいプロフィールが紹介されている。あなたが今後に向けて持っている希望については、明確に記されていない
5. 子どものころに応募したコンテストなどの受賞者として氏名が出ているだけ。仕事に関連した最近の情報はない
6. 肯定的な第一印象を持ってもらえる内容ではない(スキャンダルに巻き込まれて解雇された、酔って羽目を外したときのことを書いた何年も前の投稿が残っている、など)

上記に当てはまる結果が示されていたとしても、心配する必要はない。あなたのパーソナルブランディングをデジタル的に「絶望的」なものから「魅力的」なものに変えるための方法はいくつもある。必要なのは、パーソナルブランディングに関する計画を立て、実行することだけだ。

仮想世界と現実世界でのあなたというブランドを同一のものにしていくために、検討すべきことと実行すべきことは次のとおりだ。

1/2ページ

最終更新:7/26(火) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。