ここから本文です

世界1.5億人が使う語学アプリDuolingo、ポケモンGO並みの利用率の国も

Forbes JAPAN 7/26(火) 7:00配信

人気の語学アプリのデュオリンゴ(Duolingo)が、単語カードアプリ「タイニーカード(Tinycards)」を発表した。単語カードのような機能を持ち、ユーザーが記憶したい事柄のカードを作成し、ゲーム感覚で記憶できるアプリだ。デュオリンゴはこれまで20か国語以上に無料語学コースを提供しており、1億5,000万人のユーザー数を誇っている。



iOSとアンドロイドの教育アプリカテゴリで、ダウンロード最多のデュオリンゴにとって、単語カードアプリへの進出は理にかなったものだ。マーケティング部門の副社長ジーナ・ゴットヒルフは、語学以外の教育分野に進出することは以前から検討しており、単語カードは語学で使えるだけでなく、他の教科でも使えると言う。

「デュオリンゴはこれまで語学に特化してきました。単語カードのアプリを作ったのは、多くの語学学習者が語彙を増やすために単語カードを使っているからです」とゴットヒルフは語る。

ブラジルではポケモンGO並みの利用率

アプリ業界を分析するApp Annieによるとデュオリンゴが教育系モバイルアプリの分野のリーダーであることは間違いない。iOSとGoogle Play合わせての月間アクティブユーザー数は3,000万人以上であり、増え続けている。

「ブラジルやウクライナなどではスマホを持っているユーザーのおよそ5%がデュオリンゴを利用しています。現在アメリカではポケモンGOが話題になっていますが、ポケモンGOの利用率はスマホユーザーの約10%です」とピエール・ニコラスは言う。

ブラジルやウクライナでデュオリンゴを利用している人は、外国語を学ぶ高校生や大学生の人口にほぼ匹敵する。広告に全く資金を投じずにこの数字を達成していることは素晴らしいことだ。

Tinycardsは既にアップルのアプリストアで83件のレビューがあり4.5の高評価を得ている。デュオリンゴ自体のこれまでの成功を考えれば、新アプリも前途有望だ。

1/2ページ

最終更新:7/26(火) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。