ここから本文です

VHSデッキ、39年の歴史に幕 「アダルト」で始まった躍進の軌跡

Forbes JAPAN 7/26(火) 16:30配信

ビデオデッキの最後の製造業者である日本の船井電機が、今月でVHSビデオデッキの生産を終了する。



船井電機は中国でビデオデッキを生産し、三洋電機のブランドで販売していた。ピーク期には年間1,500万台だった販売台数は、昨年は75万台まで落ち込んでいた。出荷減がコストの増大を招き、部品の調達も困難になり、今回の決定に至ったという。

日本ビクターが1977年に発売したVHSは、1975年に登場したベータマックスとの規格戦争を引き起こした。VHSの勝利はアダルト市場の恩恵を受けた面が強い。ソニーはアダルト業界が同社のプラットフォームを使うことを禁じた。その結果、後発のVHSがベータを凌駕し、1987年にはVHSが52億5,000万ドル(5,570億円)のビデオデッキ市場の90%を支配した(ソニーは昨年、ベータ版のビデオテープの販売を終了した)。

VHSは家庭用エンターテイメントの世界に20年以上君臨した。ソニーは1994年にDVDプレイヤーを開発したが、映画製作スタジオの著作権の問題もあって、米国での発売は1997年にずれ込んだ。当初のDVDプレイヤー価格は1,000ドル以上と高価で、VHSは2000年代に入っても、米国で優勢を保っていた。

レンタル市場では2006年にDVDに敗退

2001年にDVDの販売台数は初めてVHSを抜いた。しかし、同年の家庭におけるDVDプレイヤー保有率はわずか25%で、レンタル部門ではVHSが2003年中盤までDVDを上回っていた。ハリウッド映画の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』がDVD版でリリースされた2006年、ついにVHSはトップの座から降ろされた。

米国のアマゾンで今VHS映画を検索すると、13万5,267件がヒットするし、その半分以上はプライム会員なら無料で翌日配達してもらえる。ディズニー映画やスター・ウォーズ・シリーズのボックスセットも販売され、ポケモンの劇場版第一作も1ページ目にヒットする。

HD、スーパーハイビジョン、3Dテレビと新技術が次々と出てくる中で、VHSが復活する可能性はほとんどないだろう。しかし、昔ながらのVHSビデオ作品の中には、今でも中古市場で非常に高額で取引されているものがある。古いビデオデッキの処分を検討している人は、今一度考えなおしてみたほうがいいかもしれない。

Brittany Hodak

最終更新:7/26(火) 16:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。