ここから本文です

見渡す限り美しいブドウ畑が広がる オーストラリア最古のワイン生産地

CREA WEB 7/26(火) 12:01配信

Magnificent View #1029ハンターヴァレー(オーストラリア)

 ハンターヴァレーは、オーストラリアを代表するワインの生産地。一帯には延々とブドウ畑が広がり、家族経営の小さなものから大手ワイン会社まで、150軒以上のワイナリーが集まっている。

 ここはオーストラリア最古のワイン産地でもある。その歴史が始まったのは1820年代。以来、シラーズを初め、シャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨンなどのブドウから世界に名だたるハイクオリティーのワインが作られている。

 多くのワイナリーでは、観光客に向けてツアーやテイスティングを行っている。気軽な見学もあれば、エキスパートによる本格的なテイスティングのクラスもあり、その内容は幅広い。

 アクセスはシドニーから車で約2時間半。ワインは飲めなくても、この絶景を見るだけでも訪れる価値はありそうだ。

芹澤和美

最終更新:7/26(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。