ここから本文です

フジロック ポケモン楽しむ音楽ファンが続出

R25 7/27(水) 7:00配信

アメリカから約2週間遅れとなる7月22日に日本での配信がスタートしたスマートフォンアプリ『ポケモンGO』。特に23日と24日の土日には、日本全国がポケモンGOフィーバーとなった。

アプリ内のマップと現実の地図が連動し、実際に街中を移動しながらポケモンを捕まえる『ポケモンGO』。いろいろなポケモンが生息する場所には、多くの“ポケモントレーナー”が集まるわけだが、特に大賑わいとなったのが都内の公園。レアなポケモンが出没するという新宿御苑や代々木公園にポケモントレーナーが殺到し、ツイッターでは、

「新宿御苑マジでやばい!ポケモン満員御礼だな!」
「代々木公園、ポケモンgoやってる人多すぎww」

などと、公園内を人々がスマホを見ながら歩いたりくつろいだりしている様子が報告されている。

さらに、大きな盛り上がりを見せたのが、愛知県・名古屋市の鶴舞公園だ。同園内の噴水が上から見ると「モンスターボール」にそっくりだということで「ポケモンの聖地」と呼ばれるようになると、こちらもポケモントレーナーが殺到。

「近所だから試しに鶴舞公園きてみたらウジャウジャ(人もポケモンも) 」
「鶴舞公園、一億総ポケモントレーナー時代かってくらい人多い あと、鶴舞駅の自販機が売り切ればっかになってる…」

と、大混雑となっていたようだ。

また、7月22日から24日にかけて、苗場スキー場では「フジロックフェスティバル’16」が開催。21日の前夜祭も含めて、過去最高となる計12万5000人の動員があったが、この会場でも『ポケモンGO』が盛り上がっていたもよう。ツイッターには、

「ポケモンGO始めて2日 フジロック二日間でかなりポケモンゲットしてきた」
「フジロックを楽しみながらポケモンGOでポケモン探し。最高!」
「フジロックの待ち時間みんなポケモンやってるw」

と、音楽とポケモンを同時に楽しむ人々もたくさんいたようだ。フジロックといえば広大な会場に複数のステージがあり、その移動にも時間がかかることで知られている。ライブの合間を有意義に過ごすという意味では、歩くことがゲームを進めるうえで重要な『ポケモンGO』は最適だったのかもしれない。

日本全国のあらゆる場所で熱狂するユーザーがあふれている『ポケモンGO』。この盛り上がりは当分続きそうだ。

(奈波くるみ)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/27(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。