ここから本文です

藤原竜也の後輩役・志尊淳「憎たらしいって思われたい」

Smartザテレビジョン 7/27(水) 5:00配信

藤原竜也主演のサスペンスドラマ「そして、誰もいなくなった」(毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系)に、主人公・藤堂新一(藤原竜也)の会社の後輩・五木啓太役で出演する志尊淳。「すてきなキャストの皆さんと共演できるとお話いただいた時はすごくうれしくて、あとはやるだけだなって心構えでした」と出演が決まった当時を振り返る。

【写真を見る】“出演者全員が容疑者”とうたう今作では、五木の衝撃の裏の顔も!!

五木役について「僕の役は、藤堂さんにすごく信頼を寄せている後輩です。一見好青年に見えますが、裏の顔ももちろんあります。五木は会社とプライベートのときのスイッチが全然違うんです。プライベートになると変わるっていうのは、共感できる部分かなと思います。

今までこういう役はあまり挑戦したことがないですね。五木はこれから本当にひどいことばっかりするので、皆さんがどう思うのかなって、すごく楽しみです。とことん嫌われるなら嫌われたいなと思います。憎たらしいって思われたら、僕は一番うれしいですね」と意気込む。

また、撮影現場について「皆さん優しくて、ものすごく良い雰囲気の中、貴重な経験をさせていただいてます。同じシーンが多いヒロミさんは僕の上司の役でもあるので、僕は後輩として、普段の関係性と同じような感じで接しさせていただいてます。最初は怖いイメージがあったんですけど全く違いました(笑)。本当に優しくて、すごく貫禄のある上司ですね」と笑顔で語った。

最終更新:7/27(水) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。