ここから本文です

【アイドルお宝くじ】LinQ、嵐&ミヒマルをカバー

Smartザテレビジョン 7/27(水) 7:01配信

7月30日(土)、東京・六本木ヒルズアリーナにて「アイドルお宝くじパーティーライヴ 真夏の神曲 紅白歌合戦」が開催される。ライブを前に「アイドルお宝くじ」初登場となるdrop、LinQの2組を直撃。出演が決まった際の心境や意気込みなどを聞いた。

【写真を見る】LinQのリーダー・天野なつは「生ハムと焼うどん」が気になる?

2回目は福岡市を拠点に活動するアイドルグループ・LinQが登場。グループを代表して、天野なつ、吉川千愛、新木さくら、坂井朝香、山木彩乃の5人がライブへの思いなどを明かしてくれた。

――まず、LinQとはどんなグループなのかを教えてください。

天野:「LinQ」という名前は「LOVE in 九州」から来ていて、九州を中心に全国で活動しています。自分たちの愛する地元・九州を盛り上げていけるように頑張っています。

LinQは総勢25人という大所帯で、年齢も13歳~27歳という幅広いメンバーがそろっているので、大人チームと若い子たちのチームや、いろんなメンバー構成が楽しめます。また、格好いい曲や楽しい曲など、幅広い楽曲を歌っています。個性あふれるグループなので、いろんな楽しみ方ができると思います。

――「アイドルお宝くじパーティーライヴ―」への出演を聞いた時は、どう思われましたか?

山木:結構すごいグループが多いですね。よく対バンとかやるんですけど、今回も大事な勝負事なので、九州魂をぶつけたいなと思います。

天野:「アップアップガールズ(仮)」さんとはコラボしたり、一緒に出演することが多いです。

それ以外では、先日いろんなアイドルさんの動画を見ていて、「生ハムと焼うどん」さんはコント(笑?)をやっていたので気になりました!

坂井:個性的なグループが多いので、LinQも負けないようにしたいと思いますね。

――今回カバーするmihimaruGT「気分上々↑↑」、嵐「Happiness」の印象や思い出はありますか?

坂井:LinQは盛り上がる曲がいいかなと思ってこの2曲にしたんですけど、「気分上々↑↑」はみんなで成り切って歌いたいなと思っています。嵐さんの曲は振りも完全にコピーしてやりたいなという思いがあるので、たくさん練習して完璧にしたいです。

山木:嵐さんの「Happiness」は中学校の体育祭で、みんなで踊りました!

一同:踊ったー!

山木:mihimaruGTさんの「気分上々↑↑」も応援合戦で流れたりとか、皆さん知ってる曲だと思うので一緒にノッてもらえそうですね。

天野:「気分上々↑↑」は中学生の頃、カラオケで「これを入れておけば盛り上がるだろう」っていう曲でしたね。誰かしら入れてくる感じの、すごい人気の曲でした。

――どちらも慣れ親しんだ曲なんですね?

新木:はい。ものすごく楽しみです。

天野:勝負っていうわけじゃないんですけど、この中でもクオリティーの高いものを出していきたいなって、メンバーでいろいろ話し合ってるところです。

――他のグループと比べて「ここは負けないぞ!」っていうところや、他のグループに負けないための作戦は何か考えていますか?

天野:mihimaruGTさんはやっぱりラップとか歌とか、曲の中でもいろんな部分があるので、「気分上々↑↑」の方は1人1人に合った役割で作って個性を出したいなって思っています。

嵐さんの曲では出演するメンバーのまとまりを見せたいので、振りを一生懸命覚えて、みんなでまとまって踊って、見ているだけで楽しくなるようなお祭り感を出したいと思います。

坂井:LinQは他のアイドルさんとコラボする時も、完璧にカバーをすることが多いんです。なので、今回のイベントでもLinQが1番完璧にできたらいいなって思っています。対バンで他のアイドルさんの曲をやったときも、お客さんに「すごく完璧にやってくるね」みたいな感じで言われるので、そこはLinQの強みでもあるかなと思います。

天野:今、mihimaruGTさんは誰がラップをやるかっていうところで悩んでいます。意気込みや気合だけはあるぞ!っていう感じですね。

――負けたくないグループはいますか?

吉川:アップアップガールズ(仮)さんとか? アプガさんもなんか伝説の楽曲で攻めてくるみたいなので、アプガさんには負けないように頑張りたいなって、個人的に思います。ファンの方もガツガツくる方が多いですからね(笑)。

山木:アイドルさんっていろいろ個性があるけど、LinQってあんまり他のグループとかぶらないんですよ。だから、ライバル視するとかがあんまりなくて、自分たちの色を見せいたなっていう感じですね。

「【アイドルお宝くじ】LinQ、夏は“びしょびしょ”?」へ続く。同記事は7月28日(木)朝7時配信予定

最終更新:7/27(水) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。