ここから本文です

草なぎ剛 自分の誕生日を「忘れていた」

Smartザテレビジョン 7/27(水) 7:01配信

7月9日に誕生日を迎えた草なぎ剛。しかし、ことしの誕生日はかなり地味に過ごしていたようで…。月刊ザテレビジョンの連載にて近況を語った。

さらなる飛躍の1年を誓った草なぎ

■ 気が付いたら誕生日だった

「今年の7月9日は誕生日だということを忘れてて、掃除したり、地味に過ごしてたら『そういえば今日、誕生日だ!』って感じだった。それぐらいのスタンスの方が、カッコいい気もして(笑)。一年、早かったな。40からはあっという間に時間が過ぎていくね。時に流されるままにならないよう、常に自分の中に新しい風を起こして、新鮮な感覚を持っていたいです」

最近ハマっていることは意外にも掃除だとか。

「家の大掃除は、最近始めたんだよね。自分の持っている物を一度、ちゃんと整理したくて、物を減らしたりもしてる。休みの日は、ほとんど掃除に費やしてるね。僕にとって、今がそういう時期なのかもしれない。大掃除が終わるまで、あとひと月ぐらいかかりそう」

■ ギターはずっと続けていきたい

7/9放送の『ぷっ』すま(テレビ朝日系)ではTRICERATOPSのライブに乱入するなど、この1年で人前でギターを演奏する機会も増えた。

「ライブが終わってからも、ギターの練習は続けてる。何事も、ずっとやり続けないといけないんだよね。掃除だって続けなければ、すぐに汚くなるでしょ。人間は、自分で『できた』と思うところまで到達しても、そこで止まってはいけなくて、さらに続けないと動けなくなっちゃう。ギターをやっていると、勉強になるね。その前の週の「『ぷっ』すま」でオンエアされた和田(唱)さんへの結婚お祝いソングは、2時間ぐらいでできたんだよ。自分でも、気に入ってるよ。曲作りでは、一度聴いたら『何これ!?』と思ってもらえるような感じにしようと意識してて。あとは、心を込めて作る。僕なりにその人に感じる気持ちを入れているので、僕にしか作れない曲になっていると思う。そこには自信があるし、曲は作り続けたい。ライブもやりたいしね。そのためには感性を磨いて、日々是精進です!」

ギターへのさらなる情熱を語った草なぎ。発売中の月刊ザテレビジョン9月号では、このインタビュー全文のほか、ギターショップでビンテージギターを演奏する草なぎ剛のグラビアも掲載している。

最終更新:7/27(水) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。