ここから本文です

イモトアヤコが語る“家売れないオンナ”の魅力とは?

Smartザテレビジョン 7/27(水) 8:00配信

7月13日よりスタートした日本テレビ系水曜ドラマ「家売るオンナ」(毎週水夜10:00-11:00)。北川景子が主演を務め、不動産業界をテーマに描いた痛快お仕事ドラマだ。

【写真を見る】イモトアヤコは「美加は現場で監督と話し合いながら出来上がっている」と語る

三軒家万智(北川)は、テーコー不動産・新宿営業所のチーフで独特の人生哲学で家を売りまくるバリバリのスーパー営業ウーマン。部下に対してだけでなく先輩社員にも威圧的な態度をとり、所員たちは圧倒される。

万智が次々に家を売りさばく一方、まったく“家売れないオンナ”も存在した。新人の白洲美加(イモトアヤコ)だ。美加は入社して半年たつもいまだに売り上げゼロで営業アポすらゼロ。万智には強制的に街頭営業やチラシポスティングをさせられるも成績アップにはつながらず、他の社員からは半ばあきれられていた…。

そんなダメダメっぷりをいかんなく表現しているのは、芸人としてバラエティー番組でも大活躍するイモトアヤコ。そんな彼女に、この愛すべき部分が一つもないようなキャラクターの魅力を聞いてみた。

――役柄について教えていただけますか?

白洲美加は本当にダメダメな方で…北川さん演じる万智に怒られてもまったく響かない人なんです。初めて台本読んだ時に「この人は一体なんなんだろう」と自分でも思いましたね(笑)。でもダメながらも、演じているうちに自分でもはまっていくというか、何か応援したくなるというか。なぜか憎めなくて、中毒性のある人物だなと演じていながら感じています。

――美加さんは怒られても動じないメンタルモンスターですがイモトさんと共通する部分は?

美加はメンタルだけでいえば、万智さんよりも強いかもしれない。逆に私は弱いんです。意外と人の目を気にするので、そういう意味では美加は憧れの存在ですね。美加は人の目を気にしないで、いい意味で我が道を行く人。自分にはない部分なので演じていて楽しいです。

――美加さんを演じるにあたって監督から要望やアドバイスはありましたか?

猪股(隆一)監督は言っていることがすごく分かりやすい。撮影していくうち「白洲美加ってこういう時はこうするよね」っていうことが監督と一致することも多くあって、「(例えば)怒られているときは話聞かずにプリン食べてるよね(笑)」とか。監督と話しながら、現場でどんどん白洲美加が膨らんでいる感じですね。

――万智さんからはたくさんパワハラを受けていますが。

ガムテープで巻かれていますからね(笑)。1発目でサンドイッチマンにされて、その日のうちにまた椅子に巻き付けられて…。それに北川さんのガムテープの使い方というか“ガムテープ裁き”がすごい! 一回勢いつけて「ビリビリビリ!」みたいな(笑)。

――もしイモトさんが男性だったら万智さんと美加さん、どちらの女性がタイプですか?

究極ですねー! どっちもやだなー!(笑) でもどちらかといえば、万智さんかな。言動に“正義”があるし、せりふの文字面だけだと機械的な人に見えるけど、北川さんが演じることによって冷徹さの中にも血が通っているというか、人間らしさもあって「実はこの人優しいんじゃないか」って思えます。

――演じている際は女優としてのイモトさんと芸人としてのイモトさんが混ざる部分はありますか?

美加はぶっ飛んでいることが多いのですが、だからといってコントみたいにはしたくないという思いが自分の中にあるんです。しかも私はやり過ぎてしまう癖があるので、そこは気を付けようと心掛けています。でも、まず一回は全力でやってみないと分からないので全力でやってみると、監督から「それいいね!」ってなるときもある。そういう場合は“芸人・イモト”が乗り移っている部分があるかもしれませんね。

――家を売るドラマですが、イモトさんにとって家はどんな“場所”であってほしい?

“安(あん)”の“心(しん)”、安心ですね。ただそれだけでいいです。家にいるときだけは、やっぱり落ち着きたいですから。家選びは即決するタイプなんです。その日のうちに内見を3つぐらいして、その中から決めちゃう。内見できなかったものは縁がなかったと考えて、今まで引っ越してきました。

あと偶然なんですけど、私が今まで住んできたのは全部奇数階なんです。実は奇数階と偶数階だったら「偶数階に住む人は安定を求めてる人」、奇数階に住む人は「野望のある人」って説を後々聞いて、次引っ越すときも奇数にしようと思ってます。野望ある人物でいたいなと(笑)。

――どういう家に住みたいですか?

鳥取県出身なので、一軒家というよりは都会ど真ん中の六本木ヒルズとかに住みたい(笑)。最近は低層階でも一等地で、おしゃれなデザイナーズマンションとかもありますもんね。ベタにセレブみないな場所に住んでみたいです(笑)。撮影でもたくさんのマンションに行っていますが、(第6話に登場する)4LDKぐらいの広さでワインセラーの部屋もある豪邸が印象に残っています。

――視聴者へのメッセージを

ダメダメだけどみんなから愛される人って日常生活の中にもいますよね。逆にデキる人よりも愛されるというか。美加も、段々とそういう愛される存在になっていくと思いますのでぜひご期待ください!

最終更新:7/27(水) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ