ここから本文です

アニメ“モノノケ庵”第4話、妖怪のすむ世界とは?

Smartザテレビジョン 7/27(水) 14:13配信

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「不機嫌なモノノケ庵」(毎週日曜夜10:00-10:30ほか)の第4話『隠世(かくりよ)』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第4話では、安倍が妖怪らのすむ「隠世」に行くことになり、芦屋は自分も行ってみたいと言いだす

本作は、妖怪に取りつかれた男子高校生と“妖怪祓い”を仕事とする同級生、そして彼らを取り巻く妖怪らとの交流を描く。ひょんなことから妖怪に取りつかれた芦屋花繪は、“妖怪祓い”を行う「物怪庵」を訪れる。そこにいたのは不機嫌そうなあるじ・安倍晴齋だった。訳あって芦屋は、物怪庵でアルバイトとして働くことになる。

【第4話『隠世(かくりよ)』】

安倍が妖怪らのすむ「隠世」に行くことになり、芦屋は自分も行ってみたいと言いだす。安倍は、人間である芦屋を隠世に連れて行くことに抵抗があったものの、“物怪庵”からの勧めもあって連れて行くことに。芦屋の身を案じて単独行動を禁じた安倍だったが、芦屋はその言い付けを破ってしまう。

なおdアニメストアでは、毎週水曜昼0時より配信となっている。

最終更新:7/27(水) 14:13

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革