ここから本文です

「うちのタマ」、22年ぶりにおかえりなさい

東京ウォーカー 7/27(水) 20:00配信

80年代に小中学生だった女子ならば、思わず「懐かしい~」と目を潤ませてしまう「うちのタマ知りませんか?」。

【写真を見る】まさに「迷子の子猫ちゃん」!?

「うちのタマ」は、「きかんしゃトーマス」などでもおなじみのソニー・クリエイティブプロダクツのオリジナルキャラクター。「タマ」の頭・肩・尻尾には茶色のブチがあり、「タマ」と呼ぶとお尻を振るけれど、ほかの名前を読んでも同じことをするお茶目な猫。当時は「飼い猫を探すポスター」という物語の新鮮さと、そのころブームだったほかのファンシーグッズとは一線を画す、可愛くも落ち着いたトーンが特徴的だった。

ファンは子どもだけでなく大学生や社会人女性にも拡大し、一躍ヒットキャラクターに。学年誌での連載や劇場アニメ上映(1993年)、TVアニメの全国放送(1994年)を経て、現在でも学校教材や銀行、薬の袋、各種雑貨などに使用されている。2015年夏、ニコニコ生放送で行なわれたアニメ再放送は13万人を超える人が視聴したそうで、ファンは未だ健在のよう。

そして今年10月より、22年ぶりに『タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~』の新作アニメのスタートが決定した。放送地域は東京、名古屋、大阪の3地区が決定。1分間のショートアニメでタマのゆるくてかわいい日常風景が見られるというから、これは間違いなく1日の癒しタイムになりそう。ほっこりしたい人は、お住まいの地域の放映予定をチェックしてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/27(水) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。