ここから本文です

ドS演出の「真田十勇士」再演で勘九郎マジか

Smartザテレビジョン 7/27(水) 21:08配信

9月11日(日)より、東京・新国立劇場で上演される舞台「真田十勇士」の記者会見が行われ、主演の中村勘九郎や堤幸彦らが出席した。

【写真を見る】脚本のマキノノゾミと堤幸彦監督と出演者15人が勢ぞろい

本舞台は、真田幸村が腰抜けの武将だった、という設定で書かれたマキノノゾミの脚本を堤監督が演出する話題作。同作品は、'14年に上演されたものの再演となるが、今回は舞台が9月11日から上演され、9月22日(木・祝)から映画が公開されるという連携プロジェクト作品となる。

会見冒頭で堤監督が「一言で言うと大変な舞台です。どうか身の安全は(演じる方が)自分で確保して下さい」とあいさつすると、前回も出演した俳優陣が苦笑い。

前回と同様に主演の猿飛佐助を演じる勘九郎は「初演の舞台は(運動量が多く)大変で、映画も撮り終わったと思ったら、再演という事を聞いてマジかと思いました」と正直な感想を。

AKB卒業後初の舞台出演で、女忍者を演じる篠田麻里子は「舞台をやると決まってから、マラソンや体幹トレーニングをして体力をつけています。ワイヤーアクションのためのジャンプの練習とか準備をしています。最後の舞台になってもいいという気持ちで頑張ります」と意欲を見せ、共演者を関心させていた。

浅野ゆう子は「堤監督が大好きで、いつも作品に出させてくださいとお願いし続けて、やっと役をゲットできて幸せです」とメッセージを送ると、堤監督が、浅野のアイドル時代のヒット曲名を出して「舞台の曲でセクシー・バス・ストップは使いますよ」とリクエストするも、浅野は「歌いません」と笑いながら拒否していた。

さらに、出演陣のチームワークの秘密を質問された勘九郎が「みんなと一緒に笑いながらやっているので、まとまっているんじゃないでしょうか。(前回は)みんなで、よく稽古期間中に飲みに行っていたんですが、今回は、午前中に舞台の稽古をして、夜は歌舞伎座に出演しているので」と発言している途中で、堤監督が「(夜の公演の)終わりに来て飲めばいいんじゃない」と割り込み、ハードワークな舞台で俳優を追い込む演出ぶりをのぞかせながら、会場の笑いを誘っていた。

最終更新:7/27(水) 21:08

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円