ここから本文です

「心の知能」を高めるには、あなたの言葉が相手にどのように聞こえているかを知るべし

ライフハッカー[日本版] 7/27(水) 20:10配信

誰しも、自分の意図とはずれ、言ったことが相手にうまく伝わらないことがあると思います。それは、口にした言葉が伝えたい内容と、相手が理解する内容とに差があるからです。この違いを理解することは、“感情的に賢くなる“のに重要な要素です。

「心の知能」が高いと、あなたと相手がある事柄に対して、本当はどのように思っているかについての理解が進むようになります。これにより、自身の行動を修正し、状況に合わせることで他人に受け入れられやすくなります。またこれは、普段の生活や職場で、より良い人間関係を構築するのに役立ちます。ハーバードビジネスレビューのMuriel Maignan Wilkins氏は、 感情的に賢くなるには、「意図」と「影響」のギャップを知ることだと言います。

“ 感情的にあまり賢くない人は、自分の言葉や行動が他人に与えるマイナスの影響を軽視しがちです。伝えたい内容と、相手が実際に受け取る内容のギャップを考えていないのです。何を言うにせよ、あなたの発する言葉が相手にどのような影響を与え、相手がそれに対して持つ感情について考えるようにしましょう ”

何かを言う前に、すぐに言葉にせず、言葉にした時にそれがどのように聞こえるかを考えてみてください。あなた自身、同じことを相手から言われたらどのように思うか自問してみてください。相手に持ってほしいと思う印象を与られていますか? 良い内容を伝えたいと思っていても、それがどのように聞こえるか考えてみましょう。

Signs That You Lack Emotional Intelligence |Harvard Business Review
Patrick Allan(原文/訳:Conyac)
Photo by Leon Fishman.

最終更新:7/27(水) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ