ここから本文です

サコ、態度に問題ありでイングランドに強制送還。監督が2度激怒したとの情報も

フットボールチャンネル 7/27(水) 7:01配信

 リバプールに所属するフランス代表DFママドゥ・サコが、何らかの理由によりアメリカツアーから離脱しイングランドに戻ることになった。26日に英紙『テレグラフ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

 サコはアキレス腱を負傷しており、医療スタッフから3、4週間は休むように通達されていた。今回の離脱は治療を目的としたものである可能性もあるが、同紙は生活態度に問題があったと指摘している。

 同紙によると、サコが2度ユルゲン・クロップ監督を怒らせる出来事があったとのこと。クラブからはまだ何も発表されていないため、詳細な情報は不明だがクロップ監督との間で何か問題が起きていたようだ。

 ドーピング問題により昨シーズン終盤からEURO2016にかけて試合に出場できていない状態が続いているが、アキレス腱の負傷だけでなく、別の問題も合わせて今シーズンは出遅れることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/27(水) 8:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。