ここから本文です

これだけで台所のシンク周りが脱“生活臭”! 必ず避けたい5項目

エイ出版社 7/27(水) 17:50配信

生活臭を抑えるための小さな工夫

水回りには、生ゴミや洗剤など“生活臭”を出すものが集まりがち……。でも、この生活臭さえ減らすことができれば、台所回りはぐっと片づいた印象を与えることができる。

ものが多くてもすっきりと片づいた家に暮らす包装作家(R)の正林恵理子さんのシンク周りは、生活臭を抑えるための小さな工夫がたくさん。正林さんに聞いた、気を付けるべきポイント5つを紹介しよう。

1.三角コーナーは使わない

三角コーナーは、あるだけで生活臭がでてしまうので使わない。代わりにビニール袋で代用する。

2. 箱・ケースに隠す

毎日使ううえに散らばりやすいビニール袋やシンク用のネットは、ケースで隠して使う場所の近くに収納する。ケースにこだわってシンク周りのインテリアを楽しむのも良い。

3. 空きスペースを作る

シンク周りは洗い物や調理などで、ものが入れ替わる場所。びっしり詰め込まず、あえてスペースを空けておくことも大切。洗い物を乾かす時や、ふとした時などに、すぐに置ける“空きスペース”を作るだけで、作業効率がアップする。

4. 洗剤はすぐ手に取れる場所に

頻繁に使う洗剤類は近くに置いて、日々の家事で無駄な動きがなくなる収納の工夫をしよう。お気に入りのボトルに詰め替えれば、生活臭はぐっと減らせる。家事も楽しみながらテキパキとこなしたい。

5. 好きなもので飾る

好きなプレートや小物などで飾って、目で見て楽しく居心地のいい空間を作ろう。作業優先の場所なので、家の中の他の場所よりは控えめに。

なかなか完全に隠すことができない生活臭の要素。それでも、どうしたらもっと快適に動けるか? どうしたらもっと自分が楽しく家事ができるか? を考えて遊び心を持って片づければ、あなたの台所も自然と動きやすくて気持ちの良い場所になっていくはず!

ヨシザワ

最終更新:7/28(木) 18:44

エイ出版社