ここから本文です

マンC移籍のノリート「バルサも興味があったが、ペップの下に行きたかった」

フットボールチャンネル 7/27(水) 8:00配信

 マンチェスター・シティに移籍した、スペイン代表のFWノリートは、ジョセップ・グアルディオラ監督の下でのプレーを望んでいたことを打ち明けた。25日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 ノリートは「長くはなかったが、バルセロナでグアルディオラ監督の下でプレーできて楽しかった。それが、今回シティに来た理由の一つだ」と述べ、「そして、シティは大きなプロジェクトを持ったチームであり、その実現の手助けをしたいと思った」とイングランドに渡った理由を語る。

 さらに、29歳のFWは「代表のチームメイト、ダビド・シルバがいいチームだと話してくれた。移籍を決断するまでたったの2日だった」と移籍の裏側を明かす。

 また、古巣バルセロナからのオファーに対しては「バルセロナが興味を持ってくれたことには本当に感謝している。しかし、シティに来ることが最良の選択だったと思っている」と語っている。

 EUROでも活躍を見せた遅咲きのストライカーは、強いモチベーションで初のプレミアリーグに挑む。チームから与えられた背番号9は期待の証だ。尊敬する恩師グアルディオラ監督のためにも最高のパフォーマンスを見せたいところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/27(水) 8:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。