ここから本文です

AKB48 木崎ゆりあ、加藤玲奈にマジギレしてキック放つ 木崎「ドタキャン癖がヒドイ!」

リアルサウンド 7/27(水) 11:20配信

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の7月27日放送分では、AKB48のメンバーが『AKB48因縁バトル』を行った。同企画は、メンバーが積年の恨みを他のメンバーに告白し、対決で決着をつけるというもの。負けた方には「落とし前」が課せられる。

 まずは、木崎ゆりあが後輩である加藤玲奈へ「ドタキャン癖がヒドイ!」と訴えた。木崎は、1週間前から約束していた加藤とのバトミントンの約束を「雨が降ったから遊ばない」という理由でドタキャンされたことを明かした。加藤は「だって、雨ですよ?」とニヤニヤしながら話すと、木崎はポケットに両手を突っ込みながら加藤のスネにキックをお見舞いした。話し合いでは決着がつかないということで、2人はお互いの履いている両足の靴下を先に脱がした方が勝利する「靴下脱がし合い対決」で解決することに。MCのウーマンラッシュアワー村本大輔が「今回の問題は加藤がすぐにバックれるということで、負けた方はスタジオからバックれて頂きましょう」と、負けた方へスタジオからの強制退場を命じた。

 対決では、木崎がマウントをかけ速攻で加藤の両足の靴下を脱がした。敗者となった加藤はスタジオから強制退場。その姿を見た村本は「お前今日からバック玲奈」と加藤の名前にかけたボケを言い放ち笑いを誘った。

 西野未姫からは、以前の放送で込山榛香が写真撮影の際に人を前に出して、自身を小顔に見せようとしているという話題に対し、未だそれを続けていると話し実際のツーショット写真を紹介した。因縁の深い2人に用意されたのは「セルフタイマーポジション対決」。これはカメラのセルフタイマーをセットし、10秒後にシャッターが切られるまでにポジションを奪い合い、写真により大きく写っていた方の勝利というもの。勝負では、西野がカメラの目の前を陣取り大きく写り込んだ。

 勝負に負けた込山にはGoogle+のヘッダー画像に番組の宇野ディレクターが合成で写り込むという罰ゲームが行われた。次週は『AKB48がウーマン村本に挑戦』がオンエアされる予定だ。

※「木崎ゆりあ」の「崎」のつくりは立に可が正式表記

向原康太

最終更新:7/27(水) 11:20

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。