ここから本文です

元Jリーガーのバロン氏、リオ五輪に挑むバスケ女子日本代表の通訳としてサポート

フットボールチャンネル 7/27(水) 10:02配信

 日本バスケットボール協会(JBA)が26日、元Jリーガーで42歳のマルセロ・バロン・ポランクジック氏がリオ五輪に挑むバスケットボール女子日本代表の通訳としてチームをサポートしていることを伝えた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 バロン氏は1996年に旧JFLに所属していたヴァンフォーレ甲府に加入。二桁得点を記録する活躍を見せると、翌年にはサンパイオ・コヘイアに移籍した。1998年に再び甲府に加入しまたも大きな活躍を見せた。

 その後、ジェフ千葉や清水エスパルス、セレッソ大阪や鹿島アントラーズ、ヴィッセル神戸やベガルタ仙台、アビスパ福岡など数多くのJリーグクラブを転々としている。そして、2007年に所属したアメリカFCを最後に現役引退していた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/27(水) 10:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。