ここから本文です

「90分間プレッシングを続けることは不可能ではない」。異端の監督、パコ・ヘメスの気高き魂【超攻撃的フットボールの美学】

フットボールチャンネル 7/27(水) 11:36配信

 圧倒的に予算の少ないクラブをリーガ1部に残留させ続け、なおかつ超攻撃的なフットボールを展開することで注目を集めたラージョ・バジェカーノとパコ・ヘメス監督。15-16シーズンには惜しくも2部降格となってしまったが、彼らが残した印象は計り知れない。16-17シーズンより、グラナダの指揮を執ることになったパコ・ヘメスだが、ラージョ時代のインタビューをお届けする【前編】。(取材・文:江間慎一郎/『欧州フットボール批評 special issue 01』より転載)

現代フットボール界における異端者

 パコ・へメスは現代のフットボール界における異端者である。スペイン代表にも選出された現役時代にセンターバックを本職とした男は、監督となってから超が付く程の攻撃的フットボールを志向。

 リーガエスパニョーラ1部の中でも最少規模のラージョでそれを実践するという無謀ぶりながら、2年連続で残留を果たすなど着実な成果を収めている(※ラージョ監督として4年目の挑戦となった2015-2016シーズンに2部降格を味わうも、今夏に中国のスポーツマーケティンググループ“デスポーツ”によって買収されたリーガ1部グラナダの監督に就任)。

 だが彼が欲する成果というものは、美しいパフォーマンスの上に成り立っていなくては意味がなく、それ以外は不当なのである。彼が無謀な夢想家なのか、我々が打算的になり過ぎたのか。いずれにしても、P・へメスはフットボールに全身全霊を捧げる。勇敢に立ち向かうものと定義する、人生そのものに見立てて……。

――1000万ユーロ弱と、リーガ1部においてはエイバルに次いで予算の低いラージョ・バジェカーノですが、なぜこの舞台で戦い続けられるのでしょうか?

パコ・へメス(以下、P) 一概には言えないが、困難な状況の中で、各々が懸命に仕事を行っているからだろう。私のラージョは3シーズンにわたってここに残り続けている。その秘密?

 たゆまぬ努力と確固たる信念、また雄弁に語りかけてくる理論に一切耳を傾けないことだ。我々は毎シーズンにわたって新たなアイデアを生み出し、不可能を可能に変えられることを証明しなければならない。とても難しいことではあるがね。

1/3ページ

最終更新:7/27(水) 11:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。