ここから本文です

大西ユカリ、移籍第1弾アルバム『EXPLOSION』詳細発表 宮藤官九郎、横山 剣ら参加

リアルサウンド 7/27(水) 18:30配信

 大西ユカリが、8月24日に発売のテイチクレコード移籍第1弾アルバム『EXPLOSION』の詳細を公開した。

 同作には、シングル「大阪に雨が降れば」の作詞を手掛けた荒木とよひさ、作曲の羽場仁志、編曲の寺岡呼人に加え、内田勘太郎、宮藤官九郎、横山 剣、宇崎竜童、甲本ヒロトらが参加し、大西の魅力を十二分に発揮した作品となった。

 また、先行シングル「大阪に雨が降れば」と連動した企画も開催することが決定した。企画は、クイズの正解者の中から抽選で30名にユカリちゃんグッズをプレゼントするというもので、同作に封入のハガキで応募できる。同企画の詳細は、レーベルサイトにて発表している。

 さらに、7月20日にリリースした先行シングル「大阪に雨が降れば」のMVを、本日7月27日正午から8月9日の2週間限定で動画配信サイト・GYAO!にて独占配信する。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/27(水) 18:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。