ここから本文です

ドルトの“元10番”、マンU移籍の裏に香川の助言あり!? 「良い話しをしてくれた」

フットボールチャンネル 7/27(水) 11:50配信

 マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、自身の過去について英紙『デイリー・テレグラフ』で語った。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定!

 この夏にドルトムントからユナイテッドに移籍したムヒタリアンは、父親のハムレット・ムヒタリアンもプロサッカー選手だったという。しかし、父は脳腫瘍のため33歳の若さでこの世を去ってしまった。

 それでも、「彼は僕の原動力であり、モチベーションでもあった。僕が幼い時に父はプロ選手で、同じトレーニンググラウンドに立つことをいつも夢見てきた」と、父親が選手を目指す上での大きな存在だったことを明かした。

 ドルトムントからユナイテッドに移籍した選手といえば、日本代表の香川真司も同じ道を辿っている。

 2012年から2年間に渡ってオールド・トラッフォードでプレーした香川は、その後ドルトムントに復帰。2013年にシャフタール・ドネツクから加入したムヒタリアンは背番号10を背負い、香川と2年間ともにプレーしている。

 今回ユナイテッドに移籍するにあたり、ムヒタリアンは香川にアドバイスを求めていたようだ。

「いつもシンジとはユナイテッドについて話してきた。彼は僕に良い話しをしてくれたし、とても良い印象を受けた。トライしなければならないし、ベストなクオリティを示さなければならない。そうでなければ、もうここにはいられないだろう」

 ドルトムントとユナイテッドは中国で行われたインターナショナルチャンピオンズカップで対戦しており、ムヒタリアンと香川は敵同士として同じピッチに立っている。なお、結果はドルトムントに軍配が上がり、4-1で勝利している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/28(木) 6:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。