ここから本文です

レアル、将来有望な中国人MFを死守へ。母国からの“メガオファー”を拒否

フットボールチャンネル 7/27(水) 12:14配信

 レアル・マドリーは下部組織に所属する19歳の中国人MF林良銘(リン・リャンミン)を放出するつもりはないようだ。26日付け『アス』が報じた。

 去年の夏に18歳で30万ユーロ(約3500万円)の移籍金で広州富力から移籍してきたリン・リャンミンは、昨季ユースAチームでプレーして17試合5ゴールを記録し、チャンピオンズリーグ出場クラブのユースチーム版のユースリーグにも出場している。

 アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシなどが所属する中国スーパーリーグの河北華夏がリン・リャンミン獲得のため、700万ユーロ(約8億円)と1000万ユーロ(約12億円)の2度の“メガオファー”を提示したが、マドリーはそのいずれも拒否したという。

 リン・リャンミンは今季のプレシーズンではすでにBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャでプレーしており、クラブはそのポテンシャルと成長に期待しているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/27(水) 12:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。