ここから本文です

南壽あさ子、ゲーム「アトリエ」シリーズOPテーマ含めた新シングル『flora』リリース発表

リアルサウンド 7/27(水) 20:00配信

 南壽あさ子が、9月28日にニューシングル『flora』をリリースすることを発表した。

 表題曲の「flora」は、ゲーム「アトリエ」シリーズの最新作『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』のオープニングテーマ。南壽にとって、『エスカ&ロジーのアトリエ』『シャリーのアトリエ』に続き、3度目の「アトリエ」シリーズへの起用となる。同曲は、旅立ちや船出をテーマに平和を願う気持ちで書かれた曲で、それを海や航海に例えて、「閉ざされた自分の心から踏み出していこう」という意味が込められおり、ゲームのストーリーに沿った仕上がりとなっている

 ほか、収録曲である「このごろ、そのひぐらしで」は、ゲームのイベントリスタートテーマ曲。南壽あさ子の世界観と歌声がゲームの世界をより魅力的なものにした今回のコラボレーションは、「アトリエ」シリーズのディレクター岡村佳人氏からのオファーにより実現。音楽プロデューサーには南壽あさ子の音楽をインディーズ時代から支える湯浅篤氏が起用され、ストリングスと軽快なリズムでゲームの世界にも通じる爽快かつ雄大なサウンドに仕上がっている。

 シングルは、全5形態で販売され、ゲームイラストと本人写真を使ったブックレットデザインによる「豪華盤」には、全8曲入りのCDに加えて、「弾き唄い Ver.」の映像を収録したDVDを付属。そのほか、ゲームイラストを使ったブックレットデザインの「ゲームデザイン盤(初回盤・通常盤)」2形態、本人写真によるブックレットデザインの「アーティストフォトデザイン盤(初回盤・通常盤)」2形態を販売する。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 21:56

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。