ここから本文です

アーセナル、DF離脱者続出で…守備陣の補強に着手。ドイツ代表DFに照準か

フットボールチャンネル 2016/7/27(水) 14:00配信

 アーセナルが、バレンシアに所属するドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィの獲得に動いているようだ。26日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

 ガブリエルは扁桃炎のため離脱し、ペア・メルテザッカーも膝の負傷により5ヶ月離脱することになっていた。ロラン・コシエルニーはEURO2016の疲れが残っているため休暇を取らせている。ボルトンからロブ・ホールディングを獲得したとは言えDFの枚数が足りない状況だ。

 同紙によると、アーセナルは守備陣の補強に着手しておりムスタフィをターゲットにしているとのこと。すでにムスタフィの代理人と接触し交渉を進めているようだ。

 ムスタフィは昨季公式戦44試合に出場し、バレンシアの守備の要としてプレーしていた。EURO2016にもドイツ代表として出場しており多くの経験を積んでいる。バレンシアとは2019年まで契約を残しており交渉が難航する可能性もあるが、獲得に成功すれば大きな戦力となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/7/27(水) 14:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。