ここから本文です

パトが欧州再々上陸。チェルシーでは結果残せず、心機一転スペインへ移籍決定

フットボールチャンネル 7/27(水) 15:35配信

 元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトは、再び欧州でプレーすることになった。所属元のコリンチャンスがビジャレアルに移籍することで合意したことを発表している。完全移籍か期限付き移籍か、または期間などは明らかにされていない。

 かつてはミランでも活躍したパトは、昨季の冬にコリンチャンスからチェルシーに期限付き移籍。低迷するチームの起爆剤として期待を寄せられていたが、抱えていた負傷の影響でデビューまでに2ヶ月の時間を要している。

 デビュー戦となったアストン・ヴィラ戦は途中出場ながらPKを決めたものの、結局チェルシーでは2試合の出場にとどまり、結果を残すことはできなかった。

 ビジャレアルは昨季のリーガエスパニョーラを4位で終え、チャンピオンズリーグのプレーオフ出場権を手にしている。

 イングランドではインパクトを残せなかったパトだが、心機一転、3度目の欧州リーグに挑むことになった。

フットボールチャンネル

最終更新:7/27(水) 15:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。