ここから本文です

ローン後進国、中国 女性客に「ヌード写真」要求の金融業者も

Forbes JAPAN 7/27(水) 7:00配信

上海の金融サイトChina Rapid Finance(上海信而富企業管理)の創業者ワン・ジョンウー(王征宇)によると、中国人のうち銀行で車や住宅の購入のため、ローンを組めるのは5人に1人程度だという。



政府は経済成長を支えるため、個人や小企業により多くの資金を貸し出す方針だが、与信のベースとなる信用データがないため、多くのスタートアップがオンラインの買い物記録等のデータを利用し、新たな仕組みを構築している。

スタートアップ企業はソーシャルメディアの投稿やレストランの支払履歴、通勤データなどから個人の行動パターンを把握し、返済能力を読み取ろうともしている。グーによると、オンラインで子供の洋服を定期的に買う人は、収入が安定しており、家族との結びつきが強い可能性が高く、債務不履行の心配が少ない。一方、深夜までチャットをする習慣がある人は、返済能力が疑われるという。

「これらすべてのデータを合わせて分析モデルを構築すると、かなり正確なクレジットスコアを得られるはずだ」とグーは述べる。

しかし、これらのデータも融資金額が大きくなると不十分だという。同社はユーザーが10万元(約157万円)以上を借り入れようとする場合、対面インタビューを実施する。ワンは「デジタルポートレートは人の財力をかなりの部分まで把握出来るが、完全ではない」と認める。

投資家たちの期待は大きい。グーの会社は昨年、プライベートエクイティから3,500万ドル(約37億円)の出資を受けた。

お粗末なコンプライアンス

しかし、ローン会社が急成長する中国では、プライバシーを守る法は整備されていない。北京大学光華管理学院のワン・ジーチョン(王志誠)教授によると、中国にはデータの収集や使用を規制する仕組みが存在しない。

中国ではユーザーの同意を得ないデータの売買は珍しくない。データ企業はグレーゾーンの情報まで収集しており、出生地や民族、宗教、性別なども信用力を測る材料にされるという。

さらには、貸し手側のコンプライアンスもお粗末だ。今年6月、オンラインファイナンスの借貸宝がローンの担保としてヌード写真を要求していることが、中国メディアの中国青年報の報道で明らかになった。同サイトはヌード写真を提供した女性により多くのお金を貸すことを保証していたという。

China Rapid Financeのワンは言う。「プライバシー保護に関する法的枠組みは、中国ではまだ形成途上だし、問題が表面化しないと法律は対応しない」

Yue Wang

最終更新:7/27(水) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。