ここから本文です

良い企業が「偉大な企業」になれた理由を知る一冊

Forbes JAPAN 7/27(水) 9:40配信

各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、マイネット創業者の上原仁社長が、経営者としてのあり方について記された『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』を紹介する。



少年時代のあなたの夢は何でしたか? 今のあなたは、その夢を叶えているのでしょうか?

私は、小学生の頃からずっと「経営者になる」ことを夢見ていました。きっかけは、松下幸之助の伝記に書かれていた、「松下電器は『人』をつくるところです」という言葉です。

松下氏の生き方を知り、「優れた経営者になれば、人を幸せにすることができる」のだと学んでからは、どこの学校に行き、何を勉強したらいいのかなど、経営者になることだけを考えて進んできたような気がします。

しかしながら、起業とはこれまでにない新しい常識をつくり上げることです。何度も壁にぶつかり、もうお終いだと覚悟したことも一度ではありません。今もなお、変わり続ける「正解」を探し求めているように感じています。

そんな時に手にとるのが、起業の準備中に読んだ本書、『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』です。

ベストセラー『ビジョナリーカンパニー 時代を超える生存の原則』の約6年後に発売された本書は、前書にはなかった「良い企業が偉大な企業になれた理由」がまとめられています。4冊あるシリーズの中で最も経営者に読まれているといわれています。

なぜなら、常識だと思われていた経営理論に「意外な発見」や「間違い」があったことに加えて、分析結果を努力して続けていれば、自社も偉大な企業へ飛躍できると思わせてくれるからでしょう。例えば、リーダーシップと聞くと強烈なカリスマ性をイメージするかもしれませんが、実は物静かで内気で、恥ずかしがりやにすら見える、「謙虚さと不屈の精神」を持ち合わせたリーダーこそが、良い企業を偉大な企業に変えてきたというのです。

起業して10年。マイネットには優秀な人が集まり、ゲームのセカンダリ市場という新しいマーケットを創造し、圧倒的なリーディングカンパニーとしてゲーム市場を活性化できる環境を整えてきました。良い企業だと言ってくださる方もいるでしょう。

でも、企業としての真価が問われるのはここからです。良い企業から偉大な企業へと飛躍するために、優秀な人をつなげ、活かし、付加価値をうみだせる組織にしていかなくてはなりません。

経営者になるという夢は叶いましたが、夢の本質は「人を幸せにする企業をつくること」です。そのために企業として在り続け、形を変えることも必要になるでしょう。

本書は、時に道しるべとなり、自分の考えを裏付けてくれる存在です。これから先も何度も読み返し、読むたびに新しい気づきと勇気を与えてくれるはずです。経営者はもちろん、起業を目指している方々も読んでおくべき一冊です。

title:ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則
author:ジェームズ・C・コリンズ
data:日経BP社 2,200円+税/360ページ



上原仁 うえはら・じん◎1974年生まれ。98年に神戸大学経営学部卒業後、NTTに入社し、同社のインターネット事業開発に従事。2006年7月にマイネット・ジャパン(現マイネット)を創業し、同社社長に就任。15年12月、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:7/27(水) 9:40

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。