ここから本文です

【現地7月26日決定の主な移籍】イグアインがユーベ、パットがビジャレアル、ロ・チェルソがパリSGへ!

SOCCER DIGEST Web 7/27(水) 14:01配信

イグアインの移籍金は歴代でも3位の9000万ユーロ。

■ゴンサロ・イグアイン
・28歳/FW/アルゼンチン代表
・ナポリ→ユベントス(完全移籍)
・移籍金:9000万ユーロ(約108億円)
 昨シーズンはセリエA新記録の36ゴールを挙げた稀代の点取り屋。マンチェスター勢、アーセナル、チェルシー、バイエルンなども興味を示したが、ナポリが設定した違約金9470万ユーロ(約117億円)に躊躇。その隙間を縫って、国内のライバルであるユベントスが「選手本人が望めば、毎年7月31日までは9000万ユーロの2年分割払いで移籍できる」という条項を利用して強奪した。9000万ユーロは今夏の最高額で、歴代でも3位の高額だ。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

■アレシャンドレ・パット
・26歳/FW/ブラジル代表
・チェルシー→コリンチャンス→ビジャレアル(完全移籍)
・移籍金:不明 
 今冬に欧州再上陸を果たすも、チェルシーではわずか2試合の出場に終わって買い取りを見送られる。一旦コリンチャンスに戻った後、今度はビジャレアルへと移籍した。報道によれば、同クラブは保有権の60%を300万ユーロ(3億6000万円)で買い取り、残り40%は引き続き本人が保有するという。持ち前のスピーディーのフィニッシュは、初参戦のリーガ・エスパニョーラで甦るのか。
 

■ジウリアーノ
・26歳/MF/ブラジル代表
・グレミオ→ゼニト(完全移籍)
・移籍金:700万ユーロ(約8億4000万円)
 ブラジル代表歴を持つMFが、14年夏のドニプロ退団以来となる欧州へ。テクニシャンながらバランサーとしても優れ、新天地ゼニトでは引退したロマン・シロコフ、退団が濃厚なアクセル・ヴィツェルの穴を埋める存在として期待される。

パリSGは「ディ・マリア2世」を確保!

■ジオバニ・ロ・チェルソ
・20歳/MF/アルゼンチンU-23代表
・ロサリオ・セントラル→パリSG(完全移籍/加入は2017年1月)
・移籍金:1000万ユーロ(約12億円)
 ロサリオ・セントラル出身、左利きのテクニシャンという共通点があるアンヘル・ディ・マリアにも譬えられる新星が、その先人も所属するクラブへ。ユベントスやチェルシー、ローマも狙っていたが、パリSGが争奪戦を制した。アルゼンチンU-23の一員として今夏のリオ五輪に参加し、その後も今年一杯はレンタルの形でロサリオ・セントラルに残留。パリSGへの合流は来年1月になる予定だ。
 

■アレクシス・ルアーノ
・31歳/DF/スペイン国籍
・ベジクタシュ→アラベス(完全移籍)
・移籍金:50万ユーロ(約6000万円)
 フィジカルと威圧感で敵FWを封じるベテランDF。今年1月にヘタフェからベジクタシュに移籍し、レギュラーとして国内リーグ優勝に貢献するも、トルコの政情不安もあってわずか半年で退団を決意。昇格組アラベスと契約を結んだ。
 

最終更新:7/27(水) 14:06

SOCCER DIGEST Web