ここから本文です

「無頼」とは何か

NHKテキストビュー 7/27(水) 15:00配信

坂口安吾(さかぐち・あんご)は戦後に一世を風靡した無頼派の作家として知られています。では、「無頼」とは何でしょうか。戦前・戦中の道徳も信じないが、それらにとって代わろうとしている戦後のイデオロギーも信じない。とすると、これはニヒリズムではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、「安吾の場合はそうではないでしょう」と指摘するのは東京女子大学教授の大久保喬樹(おおくぼ・たかき)さんです。



* * *



安吾は、お仕着せの道徳やイデオロギーを取り払ったうえで、人間の原点である生命力に従って生き抜いていくということを強く打ち出します。ニヒリズムに陥って衰弱するのではなく、逆に、強気に居直り、生きていこうとするのです。



ここが、同じく無頼派とされる太宰との大きな違いでしょう。「戦後70年のいま、『堕落論』を読む意義」でも触れましたが、太宰は、人生に幻滅し生きていくことに絶望する弱気の人であったのに対し、安吾はあくまで生にこだわる強気の人でした。



無頼派の「無頼」とは、一般的には「ごろつき」といったイメージを持たれることが多いと思いますが、もともとの字義をたどれば「頼らない」ということを意味します。歴史上で言えば、王朝貴族社会が衰退し、その後の中世武士社会もやがて乱れて戦国時代に移行していく転換期にあらわれた、体制秩序の枠を外れ、法も掟も無視して、何にも頼らずに自力で道を切り開いていく野武士的な生き方を指すものと言えます。そうした無頼の精神の系譜を、安吾は、一切の規範にとらわれず、ひたすら勝つための実践的な工夫をこらして生き抜いた宮本武蔵などに見出しました。その無頼自立の精神を、現代の戦国時代ともいうべき敗戦時において体現したのが、まさに坂口安吾だと言えるでしょう。



■『NHK100分de名著 坂口安吾 堕落論』より

NHK出版

最終更新:7/27(水) 15:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。